NASA」タグアーカイブ

NASAの火星探査機インサイト、火星の「風の音」を初めて捉える(海外の反応)

 


(CNN)
 米航空宇宙局(NASA)は8日までに、先月下旬に火星への着陸に成功していた探査機「インサイト」が火星上でとらえたとする「風の音」を初めて聞き取ったと発表した。

低音のごう音が響き続けるような状態となっている。この音はインサイトの気圧や地震観測用のセンサーが今月1日に探知した。

ソラーパネル上部を吹く風が探査機周辺や空中にもたらしている振動をとらえたとみられる。当時の風は北西から南東への方向で、秒速は5~7メートルと推定された。

インサイトが入手したデータ解析などを担うNASAのジェット推進研究所(JPL)の担当者は、風の音をとらえたことは想定外のごほうびと形容。その上でインサイトの使命の1つは火星上の運動の観測とし、音波によってもたされる運動も含まれるとした。


風は北西から南東への方向で、秒速は5~7メートルと推定/NASA/JPL-Caltech/University of Arizona/Imperial College London

NASAはこの音を聞けるサイトも公開した。良く聞き取るためにヘッドホンや超低音域の再生スピーカーの利用を勧めている。

インサイトのセンサーは風のうねりから気圧や地震の関連データを収集出来るよう設計されている。その震動などが地震と同じ効果を持つのかなどを測定する。科学者は地震観測用のセンサーを通じて得た震動のデータを分析し火星の内部構造の一層の把握に役立てることが出来る。

インサイトは2020年11月24日まで静止した状態で、火星の至る所で発生しているとされる振動の探知などに当たる。

引用:CNN

続きを読む

NASA、南極での氷河観察中に奇妙な「四角い氷床」を発見!(海外の反応)

 


(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は24日までに、南極で行っていた氷河の観測中に「四角い氷床」を発見したと明らかにした。

NASAは10月16日、南極の氷河の変化について定期的に観測する「オペレーション・アイスブリッジ」の実施中、四角い氷床を発見していた。

観測に参加していた科学者のジェレミー・ハーベック氏がラーセンC棚氷のすぐ近くに浮かんでいる四角い氷床を発見した。

ハーベック氏は「比較的直線的な縁がある氷山を見かけることは多いが、2つの角がこれほど直角なものをこれまでに見たことはなかった」と述べた。

NASAもSNS上で画像を公開しているが、この氷床が自然に発生したものかどうかという疑問もわきそうだ。(以下略)

引用:CNN

続きを読む

NASA「パーカー・ソーラー・プローブ」打ち上げ、史上最も太陽に接近(海外の反応)

 


【8月12日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は12日、人工物としては史上最も太陽に接近して観測に当たる「パーカー・ソーラー・プローブ(Parker Solar Probe)」の打ち上げに成功した。同探査機は打ち上げ専用ロケット「デルタIVヘビー(Delta IV Heavy)」に搭載され、12日午前3時31分(日本時間同日午後4時31分)に米フロリダ州ケープカナベラル(Cape Canaveral)から打ち上げられた。

 開発に15億ドル(約1兆6600億円)の予算が投じられた無人探査機のパーカー・ソーラー・プローブは、7年間のミッションで太陽の大気層であるコロナ内を飛行する。非常に強力な耐熱シールドを採用しており、未曾有の高温や地球表面の500倍もの放射線にも耐えられるという。

引用:AFPBB News

続きを読む

NASA、民間宇宙船搭乗の宇宙飛行士9人を発表(アメリカの反応)

米テキサス州ヒューストンの米航空宇宙局(NASA)ジョンソン宇宙センターで、民間宇宙船に搭乗することが発表された9人の宇宙飛行士。
(左から)ビクター・グローバー、マイケル・ホプキンス、ロバート・ベンケン、ダグラス・ハーリー、ニコール・オーナプー・マン、クリストファー・ファーガソン、エリック・ボー、ジョシュ・カサダ、サニータ・ウィリアムズ。

 

 

【8月4日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は3日、米航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)と宇宙開発企業スペースX(SpaceX)が開発した宇宙船に最初に乗り込む飛行士9人を発表した。

 こうした民間宇宙船による国際宇宙ステーション(ISS)への有人宇宙飛行が実現すれば、2011年にスペースシャトル(Space Shuttle)計画が終了した後としては初めて米国から軌道上に人間を送り込むことになる。

 この7年間、NASAの宇宙飛行士はロシアの宇宙船「ソユーズ(Soyuz)」でISSに向かい、飛行士1人当たり8000万ドル(約89億円)がロシア側に支払われていた。

 NASAによると、ボーイングの無人試験飛行は年内に、初の有人試験飛行は2019年半ばに予定されている。一方、スペースXの無人試験飛行は今年11月に、初の有人試験飛行は2019年4月に行われることになっている。

(中略)

NASAは、残りの搭乗員は後日発表するとしている。ボーイングもスペースXも、有人試験飛行については予定よりやや遅れている。当初の予定では、最初の有人試験飛行は2018年に行われるはずだった。

引用:AFPBB News

続きを読む

(海外の反応)「これは死刑宣告のようなものだ!」 NASAが予定している火星探索 宇宙飛行士候補は17歳の女子高校生

 

 

宇宙へと飛び立った日本人女性は、これまで向井千秋さんと山崎直子さんの2名しかいませんが、NASAには大勢の女性宇宙飛行士(含む候補)が所属しています。米ルイジアナ州のアリッサ・カーソンさんも、そんな女性宇宙飛行士候補の1人です。彼女はまだ17才の現役女子高生ですが。

テレビで見た子供番組の影響ですっかり火星に夢中になり、3才の時にはすでに「宇宙飛行士になって火星に行きたい」とお父さんに夢を語っていたアリッサさん。

16才の時点での宇宙飛行士候補としての履歴は、スペースシャトルの打ち上げ3回、スペースキャンプへの参加7回、スペースアカデミーへの参加3回、ロボティクスアカデミーへの参加1回、最年少でアドヴァンス・スペースアカデミー卒業、サリー・ライド・アカデミーへの参加2回など。宇宙飛行士候補としては、キラッキラの履歴書ですね。

先日、アメリカのテレビ局が彼女とのインタビューを放送しました。「18才にならないとNASAの正式な宇宙飛行士にはなれませんが、高校卒業後の進路は?」という質問には、「まずは進学して、宇宙生物学(Astrobiology)の博士号を取ろうと考えています。それからNASAのプログラムに参加する予定です」と答えています。以下略)

引用:livedoor news

続きを読む