海外の事故・事件」タグアーカイブ

台湾のCA、体重200キロの男性客にトイレで自分の尻を拭くよう強要される(海外の反応)

※被害にあった客室乗務員(CA)の女性。


※迷惑行為を行った男。


昨今、航空会社の顧客へのサービスの質が問われる中、反対に航空会社に対して横暴な態度を取る乗客がいるのも事実だ。このほど車いすに乗った太った男が、トイレ補助の際に客室乗務員(CA)に対して取った行動が問題視されている。『New York Post』『FOCUS TAIWAN』などが伝えた。

今月19日に米ロサンゼルスから台北に向かう台湾の航空会社「エバー航空」の旅客機内で乗客からセクシャルハラスメントを受けたとして21日、同社の女性客室乗務員が客室乗務員(CA)の労働組合「桃園市空服員職業工会」の代表者を伴って乗客の男に対して訴えを起こしたことが明らかになった。

セクシャルハラスメントをしたという男は当時、車いすで搭乗した。そして離陸から2時間後にトイレに行くためCAに補助を依頼してきたのだ。写真では、男は初老で明らかに太っており、一人で立ち上がることもままならないように見える。

男は今回訴えを起こしたCAと他2名の女性CAに対して、下着の脱着を依頼した。CAは「客室乗務員として乗客の下着を脱がすことは私の責任の範囲を超えていると感じました」と話している。

しかしながら当時、男性客室乗務員は乗っておらず3人の女性CAで対応するしかなかった。CAらは男の下着を脱がす際に裸の下半身が見えないように毛布で隠していた。しかし毛布を押さえていた手を男に叩かれて、その瞬間に見たくない物が見えてしまったとのことだ。

会見を行ったCAは、当時のことをこのように話している。

「私は男性にトイレ補助はできないことを伝えましたが、彼は『今すぐ手伝わないと床に用を足すぞ』と怒鳴って補助を強要してきたのです。」

「下着を脱がす際に他のCAが良かれと思って毛布を持ってきてくれたので、私はそれで彼の下半身を隠しました。ところが男性は『下着だけ脱がせばいいんだ!』と怒って毛布を持っていた私の手を叩いたのです。」

また、男は用を足す間、化粧室のドアを閉めることを頑なに拒んでいたとのことだ。CAらは何とかドアを閉めさせたが、体重が440ポンド(約199.5キロ)はあるとみられる男は、用を足した後に自分では拭けないためCAに尻を拭くように言ってきた。

一度は断ったものの男は「尻を拭いてくれるまでトイレからは出ない」と言い始めたために、チーフCAがラテックス製の手袋を3枚重ねて着け、彼の尻を拭くことにした。そして拭き始めた時、男はセクシャルハラスメントとも取れる行動に及んだ。

男は「ああ、うーん、もっともっと奥まで拭いて」と言ったかと思うと今度は拭き方に対して文句を言い、再度拭くように要求してきたというのだ。しかたなくチーフCAは要求に答えて拭き終わると、男は「さて、パンツをはかせてくれ」と言い放ち、ようやく男の用足しは終わった。

実はこの男、『Focus Taiwan』によると昨年5月にも機内で下着を着けたまま排便をして問題を起こしている。それを同社はブラックリストに載せず、男が搭乗してくるたびに現場のCAに任せっきりにしていたとのことだ。

桃園市空服員職業工会は、障害などのある乗客に対して介助者が付き添うなどの標準業務手順書の作成をするように航空会社に要請した。これに対してエバー航空は、今月21日に「客室乗務員は乗客からの不適切だと思われる要求に関して拒否することが許されています。また必要であれば、無礼な乗客を訴えるために会社が支援する準備もできています」と声明を出している。

引用:Techinsight

続きを読む

アメリカの鹿の密猟者、禁錮1年と「バンビ」鑑賞の刑(海外の反応)

 


(CNN)
 米中西部ミズーリ州ローレンス郡の裁判官は18日までに、違法に鹿を殺害した被告に対して、禁錮1年の判決とともに、アニメ映画の古典「バンビ」(1942年)を月に一度、鑑賞するよう指示した。

今回判決が下されたのは、同州で起きていた大規模な密猟のひとつだった。

同被告は鹿を殺害後、頭部と角だけを入手し、残りの体の部分は放置していた。

アニメ映画の中では、主人公バンビの母親はハンターに殺害されている。

同郡自然保護当局によれば、今回の判決は、同被告や被告の家族による違法な狩猟行為に対する罪状の一部に過ぎないという。

当局者はミズーリ州をはじめ、カンザス州やネブラスカ州などの容疑者から事情聴取を行い、230を超える罪状についてミズーリ州の住人14人との接点を見つけたという。

今回判決を受けた被告は、約9カ月におよぶ捜査の後、2016年8月に逮捕されていた。

引用:CNN

続きを読む

元ミスコン勝者の中学教師、15歳生徒にヌード写真送り逮捕(海外の反応)

※ミスコン優勝時の写真。


(CNN)
 米ケンタッキー州のミスコンテストで優勝した経歴を持つ中学校教師が、自らのヌード写真を15歳の少年に送付した容疑で逮捕されていたことが10日までに分かった。

ウェストバージニア州カナワ郡の保安官事務所によると、逮捕されたのはチャールストン郊外の中学校で教師を務めるラムジー・バース容疑者(28)。同校に通っていた少年に複数のヌード写真を送った疑いがもたれている。

少年の両親が先週、息子の電話に送付された写真を見つけて警察に通報していた。訴状によれば少年が6~8年生だったころ、バース容疑者が同じ学校で教えていたという。

警察の調べに対し、バース容疑者は、今年の8月ごろから10月にかけて、上半身裸の自身の写真を少なくとも4枚送ったことを認めた。送付にはスマートフォン向けの画像共有アプリを使用したとしている。

バース容疑者は、わいせつな内容の素材を未成年に送った罪で起訴された。罪状認否の後、保釈金を払って釈放された。教員としては停職処分を受けている。

バース容疑者は2014年、ラムジー・カーペンターの名でコンテストに出場し、「ミス・ケンタッキー」に選ばれていた。

引用:CNN

続きを読む

殺人犯から母親を守った16歳息子、瀕死状態に陥り19か月後に死去(海外の反応)

 

(前略)ロシア北西部アルハンゲリスク州セヴェロドヴィンスクで身の毛もよだつような事件が起こったのは、今から1年7か月前のことだった。

当時15歳だったヴァンヤ・クラピーヴィン君は、学校から自宅アパートに帰宅すると壮絶な光景を目の当たりにした。近所に住むローマン・プローニン(37歳)が、ヴァンヤ君の母親ナタリアさん(43歳)に性的暴行を加えようとしていたのだ。ナタリアさんは殺人の前科があるローマンにメッタ刺しにされながら、血まみれになって叫んでいた。

ヴァンヤ君は母親を救おうと3kgのダンベルを手にしてローマンに殴りかかった。しかし、ローマンはダンベルを奪うとヴァンヤ君の頭部に思いっきり振り下ろした。この衝撃でヴァンヤ君の頭蓋骨は激しく損傷。その後、ローマンは27か所刺されていたナタリアさんと瀕死の状態にあるヴァンヤ君を放置して、現場から逃走した。

騒ぎを聞いた近隣住民らの通報よって駆けつけた警察は、意識不明となったヴァンヤ君とナタリアさんの姿を発見した。
ナタリアさんは幸いにもヴァンヤ君の命懸けの抵抗により一命を取り留めたが、ヴァンヤ君は深刻な脳障害を負い、脳頭蓋前部を形成する前頭骨をほとんど失うという致命的怪我により、9か月間の昏睡状態に陥った。医師らは、手術でヴァンヤ君の脳を一部取り出さなければならず、ヴァンヤ君の頭部は著しく陥没した状態になってしまった。

このニュースはロシア全土に広がり、ヴァンヤ君の頭蓋骨再建手術費用や病院での治療費のためにとロシアのTV番組を通して寄付を呼びかける大規模なキャンペーンが行われた。
事件から1年後、ロシアの優秀な外科医レオニード・ロシャール氏の治療により、ヴァンヤ君の意識はわずかながら回復し、今年6月には看護師らを認識できるようになった。
また、ポリッジ(オーツ麦を牛乳で煮込んだもの)やすりつぶした食事も口にできるようになり、7月にはモスクワにあるリハビリ施設へと転院。
今後、更なる回復を求めてスペインでの治療のためにと寄付金が集まっている最中の10月、インフルエンザを患いICU(集中治療室)で治療を受けていたヴァンヤ君は容態が悪化し、12月4日に帰らぬ人となった。(中略)

これまで2件の殺人未遂罪で14年の刑期を受け服役していたローマンには、ヴァンヤ君の死によって新たに殺人罪が科せられることとなった。(以下略)

引用:Techinsight

続きを読む

大谷選手の元同僚バルブエナ、事故死ではなく強盗殺人の被害者だった(海外の反応)

 


エンゼルス
大谷翔平投手の同僚だったルイス・バルブエナ内野手と、横浜(現DeNA)とロッテでプレー経験を持つホセ・カスティーヨ元内野手が死亡したベネズエラでの自動車事故に関連した容疑で男4人が拘束された。現地当局が7日に明らかにした。

事故は選手らが乗っていた自動車が高速道路上に置かれた障害物に衝突して起きたもので、この容疑者グループが意図的に置いたものとみられる。容疑者らは発見当時、事故に遭った選手らの所有物を持っていた。

引用:Yahoo!ニュース

続きを読む