国連」タグアーカイブ

NZ首相、国連総会に赤ちゃん同行 おむつ交換に日本代表団が驚愕(海外の反応)

 


ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は24日、ニューヨークで開かれた国連総会で演説を行った。この日は6月に生まれたばかりの娘のニーブちゃんを同行させ、国連に乳幼児を連れてきた初のケースとなった。

アーダーン首相が演説を行っている間、パートナーのクラーク・ゲイフォードさんがニュージーランドの「ファースト・ベイビー」を抱いていた。

現代に公選された国家トップが任期中に出産したのは、1990年に当時パキスタン首相だったベナジル・ブット氏が女児を出産して以来、2度目となる。
(中略)
ゲイフォードさんはツイッターに入館証の写真を投稿し、「ツイッターのみんながニーブの身分証明書が見たいと言うから、職員が手早く作ってくれた。きのう国連の会議室でニーブのおむつを換えていた時、日本代表団が入ってきた。あの人たちのびっくりした顔を、写真に撮れれば良かったんだけど。ニーブの21歳の誕生日に聞かせたい話だ」と話した。(以下略)

引用:AFPBB News

続きを読む

トランプ大統領の実績自慢、国連総会で失笑買う (海外の反応)

 


【ニューヨーク=高橋里奈】25日始まった国連総会の一般討論演説で、トランプ米大統領が各国代表の失笑を買う一幕があった。トランプ氏が「(就任から)2年足らずで大半の歴代政権よりも多くのことをなし遂げた」と自慢げに演説を始めると、議場にいた首脳や閣僚、外交官から笑いがわき起こった。トランプ氏は「その反応は予期していなかったが、まあいいか」とつぶやくと、さらに大きな笑いと拍手に包まれた。

 国連人権理事会や国連教育科学文化機関(ユネスコ)から脱退するなど国連を軽んじてきたトランプ氏が、国連の本丸で臆面なく自慢話を展開したことが失笑を誘った。

 トランプ氏は演説にも遅刻。ブラジルのテメル大統領に次ぎ2番めに登壇するはずだったが、テメル氏の演説が終わっても到着しなかった。進行が一時滞り、急きょエクアドルのモレノ大統領が先に演説するなど異例の展開となった。

引用:日本経済新聞

続きを読む