国内の事故・事件」タグアーカイブ

行方不明になっていた藤本理稀ちゃんが無事保護される(海外の反応)

 


山口県周防(すおう)大島町で12日から行方不明になっていた藤本理稀(よしき)ちゃん(2)=同県防府市=が15日午前6時半ごろ、同町家房の曽祖父宅付近から数百メートル北東の山中で発見、保護された。県警によると、理稀ちゃんは脱水症状がみられるが、目立った外傷はみられず、受け答えもできているという。
(以下略)

引用:朝日新聞

続きを読む

山口県・周防大島の2歳男児が行方不明に(海外の反応)

 


12日午前10時半ごろ、山口県周防大島町家房で、母親と帰省中だった同県防府市の藤本理稀ちゃん(2)が曽祖父(91)宅に歩いて戻る途中、行方不明になった。
柳井署などは13日、約140人態勢で近くのため池や水路を捜索したが、手掛かりは見つからなかった。14日も朝から捜索する。同署によると、事件の可能性は低いという。
(中略)
午前10時半前に曽祖父宅から約400メートル離れた海岸に海水浴に行くため、祖父(66)、兄(3)と3人で出発。曽祖父宅を出て約100メートルの地点で「(海水浴に)行かない。帰る」と話し、1人だけ引き返した。振り返った祖父が自宅近くまで戻っているのを見たという。
祖父らが家を出てから約5分後、理稀ちゃんの母親らが曽祖父宅を出発、祖父らに追いついた際、理稀ちゃんの行方が分からなくなっていることに気付いた。
理稀ちゃんは白と赤のTシャツに緑色の海水パンツ、水色のサンダル姿。家族が役場に通報し、役場が午前11時半ごろ、警察に通報した。

引用:sankei

続きを読む

オウム事件死刑囚、残る6人の刑執行。全員の執行が終了する(海外の反応)「彼らは当然の報いを受けた」 

(上段左から)岡崎一明、横山真人、端本悟、(下段左から)林泰男、豊田亨、広瀬健一死刑囚

 

 法務省は26日、地下鉄サリン事件など13事件を起こしたオウム真理教の元幹部、林(現姓小池)泰男死刑囚(60)、岡崎(現姓宮前)一明死刑囚(57)ら6人の死刑を執行した。戦後事件史に残る特異な凶悪事件は6日執行の松本智津夫元代表(麻原彰晃、執行時63)ら7人とあわせ、首謀あるいは深く関与した全死刑囚13人の刑執行を終えた。(以下略)

引用:日本経済新聞

続きを読む

(シンガポールの反応)「現代の731部隊!」 福島原発の除染作業に外国人実習生、4社で発覚 法務省調査

 

 

【7月13日 AFP】法務省は13日、福島第1原発事故後の除染作業に、建設会社4社が外国人技能実習生を従事させていたと発表した。

 今年3月、ベトナム人実習生3人が福島で除染作業に従事していることが判明。これを受けて法務省は、技能実習生には除染作業は不適切との見解を示し、実習生を受け入れている建設会社182社を対象に調査を実施した。

 ベトナム人実習生を受け入れた会社が提出した計画書によれば、実習生らは建設機械を使う作業に当たることになっていた。しかし政府関係者はAFPに対し、「実習生は機械を使用せず、土を除去するなど単純な除染作業に加わっていた」と明かした。

 法務省は、外国人実習生を除染作業に従事させていた4社のうち1社に対し、実習生受け入れの5年間停止処分を科した。残る3社で何人の実習生が除染に関わったかを引き続き調べている。また9月末までに、さらに820社について調査する予定。

 外国人技能実習制度はこれまでにも、一般的な水準を下回る条件で、技術の習得機会がほぼ皆無の職を実習生らに与えているとして非難にさらされてきた。今回の問題発覚で、批判が再燃するのは必至とみられる。

引用:AFPBB News

続きを読む