テニス」タグアーカイブ

テニスのセリーナ・ウィリアムズ、暴言などで189万円の罰金(海外の反応)

 


(CNN) 全米テニス協会(USTA)によると、8日の全米オープン(OP)女子シングルス決勝で大坂なおみに敗れた米国のセリーナ・ウィリアムズが、試合中の暴言などで計1万7000ドル(約189万円)の罰金を科された。

ウィリアムズは決勝の第2セットで客席のコーチから指示を受けたとの警告を受け、主審に「私はずるいことはしない」などと抗議した。

その後、ラケットをコートにたたき付けた行為で1ポイントのペナルティを科され、さらに主審を「私からポイントを盗んだどろぼう」と呼んだ暴言で1ゲームを失った。

ウィリアムズはトーナメント・レフェリーらを呼び出し、「もっとひどいことをする男子選手はたくさんいる」と主張。試合後の記者会見でも、主審がこれまで男子選手に「どろぼう」と呼ばれて1ゲームのペナルティを科したことはないと語り、男女差別を訴えた。

しかし表彰式では大坂の優勝に祝意を表し、客席に「もうブーイングはやめよう」と呼び掛けていた。

USTAによると、罰金の内訳はコーチングで4000ドル、ラケットの破壊で3000ドル、暴言で1万ドル。全額が国際テニス連盟(ITF)の基金に寄付される。

ウィリアムズは全米OP準優勝で185万ドルの賞金を獲得している。

引用:CNN

続きを読む

大坂なおみの優勝にブーイング、20歳の新女王が涙の謝罪(海外の反応)

 


【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン女子シングルス決勝で8日(日本時間9日)、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6-2、6-4のストレートで破り日本選手として初優勝を飾った大坂なおみ(20)=日清食品=に、客席からブーイングが浴びせられた。

 「子供の頃から決勝でセリーナと戦うことを夢見てきた。でも負けるような夢は見ていない」。そう語っていた大坂は、日本選手初の四大大会制覇の偉業を成し遂げると、憧れのS・ウィリアムズから抱きしめられ祝福された。母親やコーチが見守る客席に駆け寄った。コートサイドのベンチに戻ると、しばらく頭からタオルを被って優勝の喜びをかみ締めた。

 しかし、試合は客席からのコーチング(指導)の疑いで警告を受けたS・ウィリアムズが、主審を「嘘つき! 謝れ!」などと罵るなど荒れた展開となっていた。表彰式が始まると、S・ウィリアムズの出産後初の全米制覇を期待していた客席からブーイングが起こった。

 大坂の目から涙がこぼれ落ちた。S・ウィリアムズに肩を抱かれても表情は硬いまま。偉業達成の感想を問われた優勝インタビューでも涙をこぼし、異例の言葉を口にした。

 「ちょっと質問じゃないことを語ります。みんな彼女(S・ウィリアムズ)を応援していたのを知っている。こんな終わり方ですみません。ただ試合をを見てくれてありがとうございます。本当にありがとう」

 そして、S・ウィリアムズにお辞儀をして「プレーしてくれてありがとう」。プレー中とは正反対の弱々しい大坂の姿に、ブーイングを浴びせていた客席が一瞬、固まった。

引用:産経ニュース

続きを読む

全米OPテニスで女子選手の生着替えに警告、批判が殺到(海外の反応)

 


(CNN) 米ニューヨークで開かれているテニスの全米オープンで、フランスのアリーゼ・コルネ選手(28)がコート上でシャツを脱いで着直したところ、「スポーツ選手らしくない行為」と見なされて規律違反を通告された。この判断に対し、性差別ではないかという批判が殺到。主催者の全米テニス協会が「遺憾」を表明した。
(中略)
英国のスター、アンディ・マリー選手の母で元テニスコーチのジュディー・マリーさんは、コルネ選手の着替えが「スポーツ選手らしくない行為」と見なされたことについて、男女の間に二重基準があるのではないかと疑問を投げかけ、「男子はコート上でシャツを着替えられるのに」とツイートした。
女子テニス協会(WTA)も、「アリーゼは何も間違ったことをしていない」と批判するコメントを発表。規律違反の通告は「アンフェア」だと批判した。
全米テニス協会はCNNに寄せた声明で、「コルネ選手に対する規律違反の判断を遺憾に思う」と述べ、これ以上のペナルティーや罰金は科さないと表明。「女子選手も、コートに近いもっとプライベートな場所が利用できる場合は、そこでシャツを着替えても構わない」とした。(以下略)

引用:CNN

続きを読む

(海外の反応)「あなたの時代が来たのよ、ケイ!」 錦織圭がウィンブルドンで初の8強!日本勢では松岡修造以来、23年ぶり

 

 テニス・ウィンブルドン選手権第7日(9日、英国・ウィンブルドン)男子単4回戦で、世界ランキング28位で第24シードの錦織圭(28)=日清食品=は同138位のエルネスツ・ガルビス(29)=ラトビア=に4-6、7-6、7-6、6-1で逆転勝ち。日本男子では1995年大会の松岡修造以来、23年ぶりに準々決勝に進んだ。錦織は四大大会全てで8強入りを果たした。男子複3回戦でマクラクラン勉(26)、ヤンレナルト・シュトルフ(28)=ドイツ=組はドイツのペアにストレート勝ちし、この種目の日本勢で81年ぶりのベスト8進出。

引用:sanspo

続きを読む