サッカー」タグアーカイブ

本田圭佑選手がカンボジア代表の実質的な監督に!(海外の反応)

 


MF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー/オーストラリア)が、滞在中のカンボジアで記者会見を実施。同国の「実質的な」代表監督兼GM(ゼネラルマネージャー)就任を発表した。肩書は「Head of delegation」で、契約期間は2年。登録上の監督には30歳のフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマス氏が就任する。

本田は今夏にメルボルン・ビクトリーに移籍しており、現役でのプレーは継続したまま、実質的な監督としてカンボジア代表を指揮する。カンボジアサッカー協会がアジアサッカー連盟など統括を担う関係各所に確認を取ったところ、このような形での指揮はルール上問題がないと判断された。目標には「カンボジアのサッカーが目指すべきスタイルを作り上げること」を掲げた。また、「カンボジアのPR活動もしていくつもり」と述べている。(以下略)

引用:Yahoo!ニュース

続きを読む

マインツ所属の武藤嘉紀、ニューカッスルとの合意を発表(海外の反応)「ようこそヨッシー!」 

 

 

ニューカッスルが27日、日本代表FW武藤嘉紀の獲得について、マインツと合意に達したことを発表した。

ニューカッスルの発表によると、武藤はイングランドでのメディカルチェックも済ませ、クラブ間とも武藤本人とも合意に達したようだ。現在は労働許可証の発行を待っており、正式な移籍決定は近い。

 ニューカッスルは移籍金を明かしていないが、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、移籍金は950万ポンド(約14億円)にのぼるという。以下略)

引用:soccerking

続きを読む

(海外の反応)「これは痛ましいことです…」 エジルの代表引退は「ファシズムに対するゴール」、トルコ閣僚が称賛

 

 

【7月23日 AFP】トルコにルーツを持つサッカードイツ代表のメスト・エジル(Mesut Ozil)が「人種差別的な扱い」を理由に代表から引退したことを受け、トルコでは23日、一部の閣僚が「ファシズムウイルスに対するゴールだ」と述べるなど、同選手が下した決断を温かく迎えている。

 ドイツのトルコ系家庭に生まれたエジルはW杯ロシア大会(2018 World Cup)開幕直前の5月、トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領と並んで写真を撮影したことで、ドイツ代表に対する忠誠心が疑問視されるなど物議を醸し、批判を受けた。

 22日になって数週間の沈黙を破ったエジルは、自身に対する扱いが「人種差別的であり、敬意を欠いていた」とし、今後は代表チームでプレーしないと述べた。同選手はドイツサッカー連盟(DFB)の上層部からエルドアン大統領との写真撮影について厳しく批判されたほか、W杯におけるチームの失敗についてもドイツ国内で非難されていた。(以下略)

引用:AFPBB News

続きを読む

(海外の反応)「あなたが恋しいよ」 イニエスタ選手がついに来日!ファン300人が出迎え

 

 

プライベートジェットで、ついに来日した、スペイン代表として活躍した、ヴィッセル神戸のイニエスタ選手(34)。

朝にもかかわらず、空港にはおよそ300人のファンが駆けつけた。

世界を知る男は、日本でどんなプレーを見せてくれるのか。

気になる出場時期については、イニエスタ選手は「できるだけ早くプレーしたいと思っている。22日(湘南戦)に向けてコンディションを整えていきたい」と話した。

引用:fnn(リンク先に動画あり)

続きを読む