(フランスの反応)「パンを切るために買ったの?」 ギロチンの競売、フランスで物議。105万円で実業家が落札

 

 

【7月12日 AFP】フランス・パリで11日、「刃が数か所欠けた」150年前のギロチンが規制当局の反対をよそに競売にかけられ、仏実業家で富豪のクリストフ・フェヴリエ(Christophe Fevrier)氏が8008ユーロ(約105万円)で落札した。

 フランスは1981年に死刑制度を廃止しているが、1977年までギロチンによる死刑が執行されていた。

 今回出品されたのは高さ約3メートルのギロチン。仏競売会社ドゥルオ(Drouot)によると19世紀半ばに制作された複製で、かつてパリの拷問博物館で展示品の目玉となっていたものだが、実際の処刑に使われたことはないという。

 しかし、競売規制機関は今回の出品に異議をとなえており、広報担当者は「このギロチンは売るべきではない」と仏大衆紙パリジャン(Le Parisien)に語った。「(ナチスの死の)強制収容所に送られた人々の衣服や、拷問器具といった品は、慎重に扱うべきだ」(以下略)

引用:AFPBB News

続きを読む

(アメリカの反応)「まずはホワイトハウスに居座るバカから始めて」 ツイッター、不審なフォロワーを一掃。大幅減のユーザーも

 

 【7月12日 AFP】米ツイッター(Twitter)は11日、ユーザーのフォロワーから不審なアカウントを一掃すると発表した。フォロワー数の多いユーザーはフォロワーが大幅に減る可能性があるとしている。(以下略)

引用:AFPBB News

続きを読む

(海外の反応)「クロアチアはもう誰にも止められない」 クロアチアが初の決勝進出!イングランドに逆転勝利…120分間の死闘を制す

 

 2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝が11日に行われ、イングランド代表とクロアチア代表が対戦した。

(中略)

試合は1-2で終了。クロアチアは史上初の決勝進出を果たした。一方のイングランドは1966年母国開催のW杯以来52年ぶりのファイナルとはならなかった。フランス対クロアチアの決勝は15日(日)24時から、ベルギー対イングランドの3位決定戦は14日(土)23時から行われる。

【スコア】
イングランド代表 1-2 クロアチア代表

【得点者】
1-0 5分 キーラン・トリッピアー(イングランド)
1-1 68分 イヴァン・ペリシッチ(クロアチア)
1-2 109分 マリオ・マンジュキッチ(クロアチア)

引用:Yahoo!ニュース

続きを読む

(アメリカの反応)「確かに悪魔は存在した」 大口病院中毒死、元看護師の女を逮捕「家族への説明が面倒」

 

 

横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で入院患者が中毒死した事件で、元看護師久保木愛弓容疑者(31)が逮捕前の事情聴取に、「20人前後の点滴に消毒液を混入させた」と話していたことが9日、捜査関係者の話で分かった。

 動機については「自分の勤務時に患者に死なれると、家族への説明が面倒だった」という趣旨の供述をしており、死亡した男性への個人的な恨みなどは否定しているという。神奈川県警は他の患者の殺害についても裏付け捜査を進める。(以下略)

引用:jiji.com

続きを読む

(アメリカの反応)「ビリー・ジョー・アームストロングには先見性がある」 グリーン・デイの楽曲、アメリカン・イディオットをトランプ米大統領の訪英に合わせ全英1位にする運動広がる

 

 

現地時間2018年7月12日から始まるドナルド・トランプ米大統領の訪英に反対する動きが英国で活発化しており、大統領を模した約6メートルの巨大風船“トランプ・ベイビー”がロンドン上空を飛行することをサディク・カーン市長が許可した他、ロンドン各地で大規模な反トランプ集会が予定されている。

 こうしたなか、大統領の訪英に合わせてグリーン・デイの「アメリカン・イディオット」を全英チャートでNo.1にしようとする運動がSNSで広がっており、2004年にリリースされた同曲が現時点で18位にまで上がってきている。(以下略)

引用:billboard-japan

続きを読む