中国のハーフマラソン大会で258人が大量不正、出場停止処分に(海外の反応)

 


香港(CNN)
 中国で先ごろ開催されたハーフマラソン大会で、参加した258人の選手が不正行為をはたらいたとして失格処分を受けていたことが30日までに分かった。コースをショートカットしたり、レース途中から同じゼッケンをつけた別人に代走させたりしていたという。

国営新華社通信が報じた。

大量の不正行為が発覚したのは25日に深センで行われた大会。推計で約1万6000人が参加した。中国では今年だけで1000を超えるマラソン大会が開催されている。

深センのマラソンでの不正発覚を受け、運営関係者は「レース中に違反行為が相次いだのは大変遺憾だ。マラソンはただの運動ではなく、人生にもたとえられる。すべてのランナーは自分自身に対する責任を有する」と述べた。

レース中の様子をとらえた路上のカメラの映像には、一部の選手がコース外の芝地を臆面もなく横切って、走行距離を最大3キロ短縮する姿が映っている。新華社によると、同じ番号のゼッケンをつけた2人のランナーが写った画像も複数存在するという。

同じゼッケンを用意するなどして別人を走らせた選手らに対しては、同大会からの永久追放処分が下った。その他の237人には、2年間の出場停止処分が言い渡された。

通常、世界各国のマラソン大会でみられる不正行為は、1人か2人の選手が個人レベルでショートカットやタイムのごまかしなどを行う程度にとどまる。人民日報はソーシャルメディアへの投稿で、選手らに対し「どうかマラソンという競技に敬意を払ってほしい。スポーツの精神を尊重してほしい」と呼びかけた。

引用:CNN

続きを読む

犬は飼い主が思うほど賢くない…認知力比較で結論(海外の反応)

 


(CNN)
 犬は本当に、飼い主が思っているほど賢い動物なのか――。そんなテーマについて研究した論文が、このほど学術誌に発表された。

研究チームが出した答えは残念ながら、飼い主の期待に沿う内容ではなかった。

この研究では、ほかの動物にはない特別な能力が犬にあるのかどうかを探るため、感覚認知、物理認知、空間認知、社会認知および自己認識の能力について、オオカミ、猫、イルカ、チンパンジー、ブタ、ハトといった動物の行動について調べた情報と比較した。

その結果達したのは、「犬の認知力が並外れているとは思えない」という結論だった。

犬の認知力は猫に比べて高いとはいえず、良いことをするとご褒美がもらえると認識する能力は猫やオオカミやハトと同程度だった。

物理認知力(周りの物体に対する行動や理解)は取り立てて優れてはいないものの、社会認知力に関しては、特に人からの合図に対する反応では、少なくとも平均並みだった。

「幅広い種との比較を考慮すると、現時点で犬を特別視する理由はない」と研究チームは指摘している。

それでも飼い主が犬を特別と思う理由については、自分に対する自意識の高さを飼い犬に反映させているのではないかと指摘する研究もある。

引用:CNN

続きを読む

暴飲で逮捕されたJAL副操縦士の実川克敏被告、禁錮10カ月(海外の反応)

 


ロンドン(CNN) 英ロンドンのヒースロー空港を出発する便に乗務する直前、基準の9倍を超すアルコールが検出されたとして逮捕された日本航空の操縦士が、禁錮10カ月の判決を言い渡された。警察が29日に明らかにした。

判決を言い渡されたのは実川克敏被告(42)。10月28日にヒースロー空港から東京へ向かう便に乗務する予定だったが、現地時間午後6時50分の出発直前、呼気検査で不合格となった。

実川被告の体内からは、血液100ミリリットル当たり189ミリグラムのアルコールが検出された。操縦士の基準値は20ミリグラム。イングランドなどで車を運転する場合の上限は80ミリグラムと定められている。

実川被告は酔った状態で航空業務に従事した罪に問われて拘束され、起訴内容を認めていた。同被告が乗務する予定だったのは、定員244人のボーイング777型機だった。

航空規制監査官のイアン・グローブ氏は今回の事件について、壊滅的な事態につながりかねない重大な犯罪だったと位置付け、「被告は全乗客と乗員の安全のみならず、公衆の安全をも一切顧みなかった」と非難している。

実川被告の逮捕を受けて日本航空は謝罪し、再発防止のための対策を直ちに講じると表明した。

引用:CNN

続きを読む

「中国一の美人犯罪者」19歳少女の指名手配写真が話題に(海外の反応)

 


(前略)中国のソーシャルメディア『Weibo(ウェイボー)』で「中国一の美人指名手配犯」と話題になったのは、四川省綿陽市の警察が11月20日に公開したクィンチェン・ジンジン(Qingchen Jingjing)、19歳の指名手配写真だ。

ジンジンは、バーやカフェなどで客の金を騙し取る犯罪グループのメンバーとされており、今年4月からおよそ半年間、酔っ払い客をターゲットに犯行を重ねてきたようだ。今回、被害者の1人が数千元もの被害にあったことから届け出たため、警察が捜査を開始した。ジンジンの指名手配写真が公開された時、7人のグループメンバーのうち既に2人は逮捕されていた。しかし逮捕状が出てから12日後、11月28日の朝9時半にジンジンは警察に自首してきたという。残るメンバーのうち2人は、未だ逃走中で警察が行方を追っている。

ジンジンが勤務していたとされる上場企業の元同僚が地元メディアに語ったところでは、ジンジンは社交的で、自分の容姿に自信を持っていたそうだ。しかし、ボーイフレンドを通して犯罪グループに足を突っ込むようになり、仕事を辞めてボーフレンドと海外旅行をすると同僚が聞かされた時には、先輩らから「愚かだ」といった声もあがっていたという。また、ジンジンの高校時代のクラスメートの話では、ジンジンはその容姿から“教室の華”と呼ばれており、男子生徒にとても人気があったとのことだ。

キリッとした目元に整った眉、通った鼻筋に意思の強さをうかがわせるかのような固く結んだ唇、そして白い肌にネット上では「これだけの美人なら、バーで詐欺行為をするより、動画配信でもしたほうが楽に金を稼げるだろうに」「ひょっとしたら自分の写真が有名になることを望んでいる1人かもしれないね」などといったジンジンへの容姿についてのコメントが相次いだ。一方で警察は、Weiboアカウントでこの指名手配写真を公開した際に「美しくあることは何の問題もありませんが、その容姿を利用して犯罪に加担することは許されることではありません」と投稿していた。

引用:Techinsight

続きを読む

巨大すぎて食肉加工業者に断られた牛「ニッカーズ」(海外の反応)

 


体高194cm、体重1.4トンという巨大な牛「ニッカーズ」がオーストラリアで飼育されているとして話題になっています。(中略)

ニッカーズは他の牛から抜きんでて巨大で、その体高は元バスケットボール選手のマイケル・ジョーダン氏とほぼ同じ。「オーストラリア最大の牛」と呼ばれる巨大さゆえ、2018年10月にオークションに出されたものの、食肉加工業者から「大きすぎて食肉の加工機で扱えない」と断られたそうです。ニッカーズは食肉加工用の機械に乗せるには重すぎるため、食肉として加工するためには床で作業をする必要がありますが、そうすると汚染の問題があるため、最終的には作業を断念せざるを得ないと結論づけられました。(中略)

農場主であるピアソンさんによると、ニッカーズと共に育てられた牛は早いうちに食肉処理場行きとなったそうですが、ニッカーズは今後も農場にとどまり続ける予定とのこと。

しかし、ニッカーズがなぜこんなにも巨大になってしまったのか?という理由は、ピアソンさんにもわかっていません。

ワシントン州立大学で生物学について研究するMin Du教授は、この原因について、成長ホルモンの過剰分泌という可能性を示唆しています。Du教授は実際にニッカーズを見たわけでなく、さまざまな可能性があるとしつつも、「このような形の変異は成長ホルモンか、成長ホルモン受容体によって引き起こされる可能性が高い」としています。大人になる前、2~3歳の頃に成長ホルモンが過剰分泌されたという見方をDu教授は示しました。

しかし、「オーストラリア最大の牛」と言われるニッカーズですが、世界最大の牛はイタリアで暮らす「ベリーノ」という牛だとThe Guardianは説明。ベリーノの体高は2メートル20センチだそうです。

引用:livedoor news

続きを読む