Amazonで購入したペット用温暖マットから出火、子猫4匹が死亡(海外の反応)

 


イギリス、シュロップシャー州テルフォードに住むベリンダ・カーさん(59歳)は、AmazonでHUAYUU社のペット用電気温暖マットを15.99ポンド(約2,400円)で購入した。9月24日に届いた商品をベリンダさんは寝る前にテスト使用し、問題なかったことからそのまま寝室へと向かった。

ところが、夜中に飼い猫スフィンクスの“ヴィート”がベリンダさんの顔に体を摺り寄せてきた。いつもはそんな行為をしたことがないヴィートを不思議に思ったベリンダさんだったが、「構ってほしいのかな」と勘違いした。しかしその後もヴィートが何度も同じ行為を繰り返し、はっきりと目を覚ましたベリンダさんは、砂糖が焦げたようなにおいがすることに気付いた。そこで電気をつけて部屋を確認すると、購入したばかりの温暖マットとその下に敷いてあったカーペットが燃えている光景が目に飛び込んできたのである。

ベリンダさんは、ヴィートが子猫を5匹生んだために、子猫が冷えないようにとこのマットを購入した。電源を入れて子猫をマットの上に寝かせていたのだが、不幸にも熱で4匹の子猫が命を落としていた。驚愕したベリンダさんは慌ててマットの電源を抜いて浴室へ投げ捨て、かろうじて生きていた1匹“モント”のところへ駆け寄った。

可愛がっているヴィートが初めて子猫を生んだことを喜んでいた矢先の悲劇となり、ベリンダさんは悲しみを隠せない。また、このような危険な商品を販売したAmazonに対しても激しい怒りを口にした。(中略)

ベリンダさんの息子クリス・ゴウルドさん(32歳)も「Amazonも英会社も、商品が英国安全基準(BSS)に満たしているか否かの検査を正確に行うべきだ」と話しており、第3者販売業者を非難している。なお、Amazon側はこの温暖マットが第3者販売業者の商品であることを述べたうえでベリンダさんに謝罪し、現在は商品の取り扱いが中止となったことを発表している。

引用:Techinsight

続きを読む

ウサイン・ボルト、練習試合で初先発2ゴール!プロ契約に大きく前進か(海外の反応)

 


(前略)8月から期限を設けない練習生契約で、マリナーズのトレーニングに参加しているボルト。12日のマッカーサー・サウスウエスト・ユナイテッドとのテストマッチは、前日に先発出場が予告されてたため、非公式戦ながらスタンドは満員の観衆で埋まった。

ボルトを擁するマリナーズは、前半を2-0で折り返す。そして相手チームの疲れが見え始めた後半、ボルトが爆発した。

55分、味方からのパスを受けたボルトはDFと競り合いながらゴール前に走り込み、左足でシュート。角度のないところからゴールネットを揺らし、まずはオーストラリアでの初得点をマーク。お馴染みのボルト・ポーズも飛び出した。

さらに続く69分、再びボルトにチャンスが訪れた。右からのクロスに相手DFとGKが交錯し、ボールがこぼれる。競り合わずにボールの行方を見守っていたボルトは素早くこれに反応し、落ち着いてゴールネットに押し込んだ。

試合はこのまま4-0で終了。試合後、ボルトは「自分がここにいることの価値を証明できて嬉しい。マリナーズの一員として、よりチームのためになれるよう、ベストを尽くすよ」とコメントしている。(以下略)

引用:Yahoo!ニュース

続きを読む

インドネシア人4人がインスタグラムで赤ちゃんを販売し逮捕(海外の反応)

※取引をしていたインスタグラムのアカウントは、乳児や妊娠した女性の写真、超音波スキャンの画像などを投稿していた。

 


インドネシアの警察当局は9日、写真投稿アプリのインスタグラムを用いて乳児を販売した容疑でインドネシア人4人を逮捕したと発表した。

取引をしていたアカウントは、自分たちが家庭福祉を取り扱う企業だと主張。妊娠した女性の写真や超音波スキャンの画像、乳児の写真などを投稿していた。

インドネシア・ジャワ島東部スラバヤの警察当局は、購入を望む人物がコミュニケーションアプリ「WhatsApp」を介して連絡ができるよう、専用の電話番号が提供されていたと明かした。

警察当局は、取引1つの妨害に成功したものの、既に乳児1人以上が売られたとして、追跡を試みていると述べた。

インドネシアメディアのデティクは、スラバヤ警察のコル・スダミラン刑事部長の発言として、「子供を引き取りたいと望む人がこのアカウントを使っていた。取引はWhatsAppを通じて締結されていた」と伝えた。

デティクによると、このアカウントはコンサルティング企業を装い、家庭問題の解決を提供するとしていた。

700人以上のフォロワーを獲得していたインスタグラム上のこのアカウントは、顔にぼかしを入れた乳児の写真を投稿。年齢や所在地、宗教などの詳細も添えていた。

また同アカウントには、顧客と通信員とのやり取りとみられる画像も掲載されていた。

そのうちの1つでは、ある女性が自分は妊娠7カ月で、それを家族に知られたくないと述べている。

別の投稿では、妊娠した女性の写真が、所在地の詳細と共に投稿されていた。写真の説明文には、この女性が妊娠しており、子供を引き取りたいと思う人は記載された電話番号に連絡してよいと書かれていた。

投稿の中に、子供を売買すると明確に言及したものは1つもなかった。(以下略)

引用:BBC

続きを読む

ペルー人の男性がGoogleマップで妻の浮気に気付き、離婚(海外の反応)


 

 
リマ市に住む男性(名は明かされず)は2013年のある日、車で人気の橋に辿り着くためのベストなルートをリサーチしており、Googleマップを操作していた。すると、ある人物の姿がストリートビューに写りこんでいることに気付いた。

黒のシャツに白のトップスを着て、ジーンズにヒール姿の女性をGoogleマップの画像の中に見た時、男性は「おや?」と思った。自分の妻が幾度となくそのような格好をしていたからである。ズームインして画像を見てみると、やはりそれは見慣れた姿の妻であった。なんとベンチに座っている妻はひとりではなく、男性を膝枕しており、親しそうにその男性の髪を撫でている。画像は皮肉にも「Puente de los Suspiros de Barranco(ため息橋)」と名付けられている橋の近くの光景で、妻の不倫現場を思わぬところから押さえた男性が問い詰めると、妻は不貞を認めた。

地元メディアによると、その後この2人は離婚することになったが、男性は最近になって動かぬ証拠となった妻の不倫現場画像をソーシャルメディアに投稿した。(以下略)

引用:Techinsight

続きを読む