大谷翔平選手と仲良しだったルイス・バルブエナ、交通事故で死去(海外の反応)

 


エンゼルスで大谷翔平投手(24)と同僚だったルイス・バルブエナ内野手(33)が6日(日本時間7日)、母国ベネズエラで交通事故のため死去したと地元メディアが伝えた。メジャー通算114本塁打の同内野手は昨季からエ軍でプレー。今年8月に自由契約となるまで、今季から加入した大谷とチームメートだった。

同乗していた元パイレーツで、横浜(現DeNA)、ロッテにも所属したホセ・カスティーヨ元内野手(37=パイレーツなど)も死去。運転していた元レッドソックスで、昨年ヤクルトでプレーしたカルロス・リベロ内野手(30)は命を取りとめた。

引用:livedoor news

続きを読む

紀平梨花、初出場のGPファイナルSPで世界最高の82.51点!ザギトワ抑え首位に(海外の反応)

 


フィギュアスケートGPファイナル第1日(2018年12月6日 カナダ・バンクーバー)

 フィギュアスケートのGPファイナルが6日(日本時間7日)にバンクーバーで開幕し、女子のショートプログラム(SP)が行われ、初出場で頂点を狙う紀平梨花(16=関大KFSC)がルール改正後の世界最高となる82・51点を叩き出し、首位発進した。

 冒頭の3回転アクセルを完ぺきに決めると、3回転フリップ―3回転トーループのコンビネーション、最後の3回転ルッツまで華麗に決めた。16歳の圧巻の演技に場内からは大きな拍手があがった。

 シニア挑戦1年目でファイナル制覇を成し遂げた日本人は浅田真央しかいない。日本勢の優勝も13年の浅田が最後。16歳のニューヒロインが快挙に向けて、これ以上ないスタートを切った。

 坂本花織(18=シスメックス)は70・23点で4位。4度目の出場となる宮原知子(20=関大)は67・52点の6位でフリーを迎える。

 ロシア勢は平昌五輪金メダリストで昨年女王のアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)が77・93点で2位。3位に70・65点の14年女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(21=ロシア)。ソフィア・サモドゥロワ(16=ロシア)は68・24点だった。

引用:Yahoo!ニュース

続きを読む

米海兵隊2機が空中接触、室戸岬沖で墜落…7人搭乗、2人救助(海外の反応)

※米軍のFA18戦闘攻撃機↑

※米軍のKC130空中給油機↑

 


六日午前一時四十分ごろ、高知県の室戸岬から南約百キロの太平洋上で、米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属の空中給油機KC130とFA18戦闘攻撃機が訓練中に接触し、墜落した。二機には計七人が搭乗しており、うち二人を自衛隊が救助した。空自と海自、第五管区海上保安本部(神戸)などが不明者の捜索を続けている。政府によると、最初に救助された一人の容体は安定しており、もう一人の容体は確認中としている。

 米海兵隊によると、KC130には五人、FA18には二人が搭乗していた。岩屋毅防衛相は六日朝、国会内で記者団に対し、最初に救助された一人はFA18の乗員だと明らかにした。不明となっている乗員については「捜索、救助に全力を挙げたい」と述べた。米側には情報提供を求めており「事故は遺憾だ」とした。

 防衛省によると、同日午前五時二十分ごろ、空自の救難捜索機が海上で乗員一人を発見。同四十五分ごろ、海自のヘリコプターで救助した。救助された乗員を乗せたヘリが午前八時十五分、岩国基地に着陸した。さらに正午ごろ、墜落した機体の乗員一人を新たに海上で発見し、海自の練習艦に収容した。

 米側からは訓練中の事故だったとの説明があった。一方で何の訓練をしていたかなど詳細は明らかにされていないという。現場は射撃などをするために設定された訓練空域ではないが、通常の飛行訓練を行うのは問題ないという。

 菅義偉官房長官は六日の記者会見で「現時点で民間船舶への影響はない。引き続き日米で協力して捜索・救助に全力を尽くしたい」と述べた。

 外務省の鈴木量博北米局長は六日、在日米軍トップのマルティネス司令官に遺憾の意を伝えた。原因究明と再発防止の徹底、速やかな情報提供も求めた。

 空自と海自は計十機の航空機を墜落現場に展開し、捜索を続けている。潜水艦救難母艦を含む艦艇三隻も救助に向かった。五管も、特殊救難隊を乗せた巡視船など六隻、航空機二機で救助に当たっている。

引用:中日新聞

続きを読む

宮崎駿氏の展覧会、来年末にLAの映画博物館で開催決定!(海外の反応)

 


2019年後半、アメリカ・ロサンゼルスにアカデミー映画博物館がオープンする。開館を記念し、宮崎駿の作品をフィーチャーしたオープニング展が実施されることが映画芸術科学アカデミーの公式サイトで発表された。

本展では宮崎がこれまでに手がけてきたスタジオジブリ作品に関するアイテムを展示。「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」といった映画のスケッチ、デザイン画、ストーリーボード、フィルムなど200点以上が並ぶ。なお宮崎に関する展示会がこの規模で行われるのは、アメリカでは初めて。館内のショップではスタジオジブリのグッズが販売される予定だ。

2020年の秋からは「Regeneration: Black Cinema 1900-1970」と題した展覧会を実施。同展では、アフリカ系アメリカ人のフィルムメーカーに焦点を当てる。

また天井高が約10mあるプロジェクトスペースには、猪子寿之率いるウルトラテクノロジスト集団・チームラボによる作品が展開される。

引用:映画ナタリー

続きを読む