錦織圭、死闘制し全豪OP3年ぶり8強、世界23位に大逆転勝ち(海外の反応)

 


テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は21日、男子シングルス4回戦が行われ、第8シードの錦織圭が第23シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)を6-7 (8-10), 4-6, 7-6 (7-4), 6-4, 7-6 (10-8)の大逆転で破り、辛くも2016年以来3年ぶり4度目のベスト8進出を果たした。 

序盤から両者白熱したラリー戦を展開し、タイブレークへ突入。その後、世界ランク9位の錦織は同23位のカレノ=ブスタに握られた3本のセットポイントをしのいだが、接戦の末に第1セットを落とす。 

第2セットも安定した戦いを見せるカレノ=ブスタに屈し、第3ゲームでブレークを許す。錦織はブレークチャンスを掴んだがものにできず、セットカウント0-2と崖っぷちに追い込まれる。 

第3セットに入ると第5ゲームでサービスゲームを落とした。しかし、直後の第6ゲームはブレークバックすると息を吹き返しタイブレークの末にセットカウント1-2とすると、第4セットも取り、ファイナルセットへ突入。 

そして、第10ゲームのサービング・フォー・ザ・マッチを逃したが、10ポイント先取のタイブレークの末に勝利。5時間を超える死闘を制した。 

準々決勝では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第15シードのD・メドヴェデフ(ロシア)の勝者と対戦する。

引用:Yahoo!ニュース

続きを読む

フロイド・メイウェザー、那須川天心に圧巻1回TKO勝ち(海外の反応)

 


大みそかの格闘技イベント「RIZIN.14」がさいたまスーパーアリーナで行われ、プロボクシングの元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(41=米国)が、ボクシングルールのスペシャルエキシビション(3分3ラウンド)でキックボクサーの那須川天心(20=TARGET/Cygames)と対戦し、1Rに3度のダウンを奪ってTKO勝ちした。

 プロボクシングで50戦50勝無敗を誇る最強の男が、「RIZIN」のリングに降臨した。メイウェザーは俊敏な動きで“打たせずに打つ”スタイルで勝利を積み重ねてきたが、この日も格の違いを見せつけた。笑顔で挑発し、那須川の左が顔面をかすめると本気に。左フック、右フック、左フックでなぎ倒すように3度のダウンを奪うと、レフェリーが試合を止めた。29日の夕方に来日したばかりだったが、最高で1試合300億円超のファイトマネーを稼いだ41歳は“本物”だった。

 今回、ファイトマネーはメイウェザー本人が米国での会見で告白したところでは200万ドル(約2億2000万円)。ボクシング・ルールでキックボクサーの那須川が蹴りを繰り出した場合、キック一発につき500万ドル(約5億5000万円)の違約金が設定されていた。

引用:スポニチ

続きを読む

アメリカの鹿の密猟者、禁錮1年と「バンビ」鑑賞の刑(海外の反応)

 


(CNN)
 米中西部ミズーリ州ローレンス郡の裁判官は18日までに、違法に鹿を殺害した被告に対して、禁錮1年の判決とともに、アニメ映画の古典「バンビ」(1942年)を月に一度、鑑賞するよう指示した。

今回判決が下されたのは、同州で起きていた大規模な密猟のひとつだった。

同被告は鹿を殺害後、頭部と角だけを入手し、残りの体の部分は放置していた。

アニメ映画の中では、主人公バンビの母親はハンターに殺害されている。

同郡自然保護当局によれば、今回の判決は、同被告や被告の家族による違法な狩猟行為に対する罪状の一部に過ぎないという。

当局者はミズーリ州をはじめ、カンザス州やネブラスカ州などの容疑者から事情聴取を行い、230を超える罪状についてミズーリ州の住人14人との接点を見つけたという。

今回判決を受けた被告は、約9カ月におよぶ捜査の後、2016年8月に逮捕されていた。

引用:CNN

続きを読む

札幌の飲食店などで爆発 42人が怪我、うち1人重傷(海外の反応)

 


16日夜、北海道・札幌市豊平区の飲食店などで爆発があり、3棟の建物が倒壊して出火、42人が重軽傷を負った。

近くの飲食店の人の話によると、爆発が起きる直前にガスの臭いがして、中にいた人たちが避難したという。

16日午後8時半ごろ、札幌市豊平区平岸3条8丁目で大きな爆発があった。

この爆発で、国道沿いの飲食店など3棟が倒壊して炎上。

火はおよそ5時間半後に消し止められたが、飲食店は460平方メートルのうち、300平方メートルが焼けたとみられる。

この爆発と火事で、不動産店の30代の男性が重傷、さらに飲食店などにいた1歳から60代までの41人がけがをして、札幌市内の病院で手当てを受けた。

爆発した建物にいた人は、「爆発して、天井も壁も抜けた」、「そのあと何か変な臭いがしたと思ったら、あっという間に火が出た。断熱材にぶわっと広がった」、「(最後に)床が抜けた」と話した。

現場の状況などから、警察などでは、プロパンガスに何らかの火が引火して、爆発した可能性があるとみていて、このあと現場検証が行われる。

(北海道文化放送)

引用:fnn

続きを読む

ガンジーが黒人差別?ガーナ大学がガンジーの銅像を撤去(海外の反応)


ガーナの首都アクラにある、ガーナ大学の「マハトマ・ガンジー像」

 


【12月15日 AFP】「インド独立の父」マハトマ・ガンジー(Mahatma Gandhi)がアフリカ系の黒人に対して差別的だったとの批判を受け、ガーナの名門大学に設置されていたガンジーの像が撤去された。

 平和のシンボルとして国際的な知名度を誇るガンジーの像は2年前、当時インドの大統領だったプラナブ・ムカジー(Pranab Mukherjee)氏が、両国の友好関係の象徴として首都アクラのガーナ大学(University of Ghana)に設置した。しかし大学教師らは直後、インド人がアフリカ系の黒人より「はるかに優れている」と記したガンジーの文章の一節を取り上げ、像の撤去を求めた。

 学生や教師らの話によると、首都アクラのレゴン(Legon)にあるキャンパスに置かれていたガンジーの銅像は、11日の夜にかけて撤去されたとみられる。

 大学当局はコメントを拒否した一方、同国外務省は「大学の内部判断だ」とだけ述べている。

 こうした抗議運動はアフリカ各地の数多くの大学でも繰り広げられた。アフリカ南東部のマラウイでは、ガンジーが黒人に対して人種差別的発言を行ったとして、中心都市ブランタイヤ(Blantyre)でのガンジー像建立を中止するよう求める運動が展開されている。

 ガンジーは1893年から1915年まで、南アフリカで弁護士として働いていた。祖国インドでガンジーは一般的に、英国によるインドへの植民地支配に対する非暴力の抵抗を顕彰されているが、アフリカにおけるガンジーの遺産はより複雑なものとなっている。(c)AFP

引用:AFPBB News

続きを読む