大谷翔平、豪快13号3ラン!メジャー2度目の代打ホームラン!(海外の反応)

 


◇ア・リーグ エンゼルス―レンジャーズ(2018年8月18日 アーリントン)

エンゼルス大谷翔平投手(24)が18日(日本時間19日)、敵地アーリントンでのレンジャーズ戦の7回に代打で出場し、8試合ぶりのアーチとなる13号3ランを放った。今月7日(同8日)のタイガース戦の初回に逆転12号3ランを放って以来の一発はメジャー2度目の代打弾となった。(以下略)

引用:Yahoo!ニュース

続きを読む

イエメン空爆で子ども40人の命奪った爆弾、米国が供与と判明(アメリカの反応)

弾薬の専門家は、爆弾の破片にあるナンバーからロッキード・マーチン製の爆弾だと確認した。

 


(CNN) イエメン北部サーダでスクールバスがサウジアラビア主導の連合軍の空爆を受けた件で、空爆に使用された爆弾は米国務省が承認したサウジとの武器取引の一環で売却されたものだったことが18日までに分かった。弾薬の専門家がCNNに確認した。

9日に実施されたこの空爆では、子ども40人を含む51人が死亡した。CNNは今回、現地のジャーナリストや弾薬の専門家と協力し、使用された兵器が米ロッキード・マーチン製の500ポンド(227キロ)級レーザー誘導爆弾「MK82」であると突き止めた。ロッキード・マーチンは米国防総省の契約業者として最大規模の企業となっている。(以下略)

引用:CNN

続きを読む

IQ171を持つ、3歳の天才少女がイギリスで話題に!(イギリスの反応)

 


ナタリー・モーガンさんとベン・デューさんの間に生まれたオフィーリアちゃんは、生後8カ月で「hiya(やあ!)」の言葉を覚えて、話すようになりました。通常は生後1年から1年5カ月頃に言葉を覚えて話すようになることから、最初に話し始めた時期は通常の子どもよりも数カ月ほど早かったそうです。

そこから、オフィーリアちゃんの異常とも言える天才ぶりが発揮されます。この後すぐに、さまざまな「色」「文字」「数字」を覚えて話すようになり、2歳になる前にはアルファベットを完全に暗記するまでになっていました。

ある日、両親はインターネットで「娘の発育は普通の子どもと同程度なのか」調べてみたところ、普通の子どもよりも発達速度がおかしいことに気がつきます。そして、少し不安になった両親はオフィーリアちゃんを連れて、発達の早い子どもに詳しい児童心理学者のリン・ケンダル氏の元を訪ねました。

ケンダル氏の元でオフィーリアちゃんはスタンフォード・ビネー知能検査を受けて、IQを調べることになりました。通常、IQの値は85~115の間で収まるものですが、オフィーリアちゃんは171という驚異的なスコアをたたき出します。同試験を受けた後、オフィーリアちゃんは同じ試験でIQ132以上の人が会員になれる非営利団体のメンサのメンバーにも登録されることになりました。

ケンダル氏はオフィーリアちゃんについて「彼女は学習に常に飢えていて、両親はそれを満たすためにとても苦労しています」と説明。また、ケンダル氏は「両親がよく私の所に来ますが、決まって『オフィーリアが常に何かの質問をしてくるし、起きてから寝るまで勉強を止めようとしない』といった相談を受けています」と述べていることから、両親はオフィーリアちゃんとの生活に日々苦労していることが伺えます。(以下略)

引用:livedoor news

続きを読む

声優の石塚運昇さん死去 ポケモンのオーキド博士役など(海外の反応)

 


石塚運昇さん(いしづか・うんしょう=声優〈本名・運昇=ゆきのり〉)が13日、食道がんで死去、67歳。葬儀は近親者で行った。

 所属事務所によると、石塚さんは福井県出身。約1年前に食道がんがわかり、入退院を繰り返していた。最近は、自宅で在宅医療を受けていたという。

 アニメ「ポケットモンスター」のオーキド博士役や、「ドラゴンボール超」のミスター・サタン役などを担当。海外のドラマや映画の吹き替え、ニュース番組のナレーションでも活躍した。(以下略)

引用:朝日新聞

続きを読む

アメリカで妊婦が万引き犯と間違われ、ブラウス引き上げ身重証明(海外の反応)

 


(CNN) 米ノースカロライナ州パインビルの店で買い物中の妊娠約8カ月の女性が衣服の下に商品を隠している万引き犯と間違われ、店側の通報で駆け付けた警官にブラウスを引き上げて身重であることを証明する騒動があった。

オフィス用品などの大手「ステープルズ」の店舗でのぬれぎぬ騒ぎで、同社は店の責任者が誤解して警察に通報したと謝罪。適切な手続きを踏まず、顧客への対応に関する社の方針に準じなかったとして懲戒免職の処分とした。

また、被害を受けたシレール・ベーツさんにおわびし、買い物費用を全額返還した。

地元のCNN系列局「WSOC」によると、2児の母親であるベーツさんは男女の双子を妊娠中の身だった。

同局によると、ベーツさんが子どものための学校用品を買い物中、警官が近付いて来てブラウスの下に何があるのかとただしたという。最初は冗談かと思ったが、「双子」と返答。ただ、警官は信じなかったためブラウスを少しばかり引き上げ、腹部をさらけだしたという。この後、警官はやっと納得したという。

警官が窃盗犯ではないことを確認後、店の責任者はベーツさんに複数の客が以前、衣服の中に商品を隠していたなどと釈明したという。

ベーツさんは「私のお腹が大きい事実を除き、証拠は何もないのに結論を急いだ」と批判し、「公正ではないし、母親はこんな目に遭うべきではない」と強調した。(以下略)

引用:CNN

続きを読む