井上尚弥、5階級王者ドネアに判定勝利!(海外の反応)

 


ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)WBA、IBF世界王者の井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=に3-0で判定勝ち。キャリア20年の5階級王者を倒し、ムハマド・アリ・トロフィーを手にした。

“黄金のバンタム”で世界最強を証明した。ファイティング原田、長谷川穂積、山中慎介など、伝説の王者たちが名を刻んだ中量級で、怪物が頂点に君臨した。(以下略)

引用:Yahoo!ニュース

 

※音量注意※
優勝トロフィーを掲げる井上選手↓

 

海外の反応

 

1.海外の名無しさん

2019年で最高の試合の1つ!

 

2.海外の名無しさん

両選手とも、素晴らしいファイトを見せてくれたね…。記憶に残る熱い試合だったよ。

 

3.海外の名無しさん

最後の抱擁は感動的だった。

 

4.海外の名無しさん

このような戦いを誰が予想した?

誰もが、イノウエが1ラウンドでドネアを打ち倒すと考えたはずだ。もちろん私も。

 

5.海外の名無しさん

フィリピンのフラッシュ(ドネアの愛称)は最高だった。倒されても戦い続ける。なんてタフな奴だ!

 

6.海外の名無しさん

年齢を考慮すれば、ほぼドネアの勝利と言っていいだろう。イノウエはいわゆる「モンスター」ではない。

┗それはどうかな。イノウエはまだ若いし、ドネアには経験で得た知識や技術があるからね。

 

7.海外の名無しさん

ドネアに敬意を払わなければならない。例え彼が戦いに負けた敗者だとしてもね。

 

8.海外の名無しさん

イノウエ、君には優れたスピードと反射神経、そして驚くべきカウンターがある。

だから今回の試合で焦る必要はない。ゆっくり着実に進んでいけば、必ず偉大な選手になることができるよ。

 

9.海外の名無しさん

イノウエとロマチェンコの試合が見たい!

 

10.海外の名無しさん

美しい戦いだった…。いつまでも見ていたい試合だった。

 

11.海外の名無しさん

どちらの選手も尊敬に値する。不屈の精神を持つ男たちに脱帽だ!

 

12.海外の名無しさん

この試合は1000%、ファイト・オブ・ザ・イヤーに選出されるだろう…。

2人とも素晴らしいパフォーマンスをした👊🏾 イノウエ、おめでとう👌🏾

リングマガジンのファイト・オブ・ザ・イヤー (Fight of the year) は、アメリカ合衆国のボクシング雑誌リングマガジンの選定する年間最高試合賞である。

引用:wikipedia

 

13.海外の名無しさん

アメリカに住んでいるが早起きする価値があったよ。ファイト・オブ・ザ・イヤーの候補になるだろう。

┗スリリングでエキサイティングだった。おそらく満場一致でファイト・オブ・ザ・イヤーだ。

 

14.海外の名無しさん

俺は感動している。このような熱い試合を見るのを、ずっと待っていたんだよ!

 

15.海外の名無しさん

結果に関わらず、我々フィリピン人はイノウエを愛しているよ!😎

 

16.海外の名無しさん

イノウエの顔に傷を付けた男はフラッシュ(ドネアの愛称)が初めてじゃないか?本当に凄い奴だよ。

 

17.海外の名無しさん

最初から最後まで本当に素晴らしい戦いだった。両選手に称賛を。

 

18.海外の名無しさん

ドネアは引退してしまうかもしれないね。怪物に試練を与え、最高の試合をしたんだから。

 

19.海外の名無しさん

イノウエ、テテが待ってるぞ。

井上尚弥“世界一”に待った 11秒KOテテが主張「俺を倒さないとキングになれない」

引用:THE ANSWER

 

20.海外の名無しさん

イノウエはこの試合を糧に、更に強くなる。

 

 

引用元:http://bit.ly/36Gcm81 http://bit.ly/33sPfvF http://bit.ly/2JZpVWu http://bit.ly/34HVMD8

15件のコメント

  1. 1
    匿名

    井上はいつも以上にドネアの左フックを警戒してた。
    その分、インパクトに力を出し切れなかった。
    眼をカットしたのも影響あったし、あの状況でダウン奪えただけでもすごい

  2. 2
    匿名

    どう観ても井上は絞りすぎてたね。頬もこけて、出てきたときに顔が違って見えた
    パンチも軽くて足も重い。インタビューで言うかと思ってたけど言い訳にしなかったね、後日言うんじゃないかな

    k-1のタケルが消えていく直前の試合で、今回の井上と同じようにガリガリだなって感じて同じような試合で弱くなって行ったから心配
    まぁk-1は選手を担ぐからボクシングとは同じとは思わんけど、飽くまで調整に関して

  3. 3
    匿名

    井上攻略のお手本だった。考えなしに打ち合うのでもなく、アウトボクシングに徹するのでもない。自分の左を当てれて、かつ井上が踏み込んでパンチを打てない絶妙の距離で戦ってた。今後真似する選手が出てくるかもしれないが、ドネア並みの技術と経験をもった選手はそういないだろうな。
    それをねじ伏せた井上はやっぱりすごい!

  4. 4
    匿名

    この試合見た後だと、テテだとかネリなんて怖くもなんともないわ。

  5. 5
    匿名

    テテをオチに使うなw

  6. 6
    匿名

    ドネアが若ければ負けていたというけどさ、こういうのは身体的に最高潮だから人生の中でも最も強いというわけでもないと思うんだが。
    経験による駆け引きも大きな要素になってくるんじゃないの?

  7. 7
    匿名

    そうそうに右目を負傷したときは、正直やばい、負けるかもと思った。目の傷口が最終ラウンドまでもって、なおかつその状態で勝ってしまうのは運もあったと思う

    • 7.1
      匿名

      ほぼ実力でしょ初めてのカットで戸惑いながら傷口庇ってパンチ上下に分けて相討ちにされる覚悟と気合いでなんとか取ったダウン、このレベルの選手がラッキーパンチで勝とうとするわけない

  8. 8
    匿名

    ドネアが若ければっていうのは、そういう見方もある程度でOkだろ
    お互いの全盛期の絶好調時にやったとしたら勝ったり負けたりだろうから
    それにドネアだって若いとき、そういう相手とやったこともあるはず
    二人とも強いっていうのがわかっただけで十分

  9. 9
    匿名

    この試合の動画は井上攻略のお手本となる。井上は今までのようには恐れられない選手になるかも知れない。その意味でもドネアはとても大きな仕事をしてくれたと思う。

    井上は今後の数試合、圧倒的な強さを見せる事が出来なければ商品価値が下がったと思われても仕方がない。トップランクと契約したそうだから 余計に次の試合は派手なKO勝ちして欲しい。

  10. 10
    匿名

    2ラウンドで左フックを貰ってからずっと片目がぼやけてよく見えなかったそうです。グローブを右目に当ててたのも庇うというより右目を隠して視界を遮りながら戦う為だったと。
    この状態でドネアと互角以上に戦えたのだから大したものだと思うし、もし他のボクサーが今回の試合で井上を舐めたのなら痛い目に遭うと思いますよ。

  11. 11
    匿名

    両者共に凄いパフォーマンスでどっちが勝ってもおかしくないくらいの試合だった。
    もちろん試合前からほとんどの人が井上の勝利に確信してドネアをどう料理するかしか考えてなかったとは思うけど蓋を開けて見れば12R判定までもつれ込んだ。
    改めてドネアのレジェンドの称号はダテじゃないと思い知らされましたね。
    36歳という年齢を感じさせない圧倒的な威圧感で終盤まで井上にプレッシャーを与え続け、続行不可になってもおかしくないダウンを取られたに関わらず終盤まで左フックカウンターなどの脅威で追撃を許さず最後まで立っていたタフさ、どれを取っても井上がこれから見習うべき教訓や課題が見えてとてもいい経験をさせてもらったような感じがしました。
    全盛期の比べ多少衰えたと言われるけど実力はまだトップレベルだから個人的にはまだ引退して欲しくないですね。

  12. 12
    匿名

    全盛期だともっと体小さかっかたからな
    計量のときから1日のリカバリーででかくなりすぎだろドネアw

  13. 13
    匿名

    ドネアはフェザー級で井上並の強打を何度も受けた経験があるからこそ井上のパンチを受けながらでも打ち返せたんだろうし昔より動きのキレが落ちたぶん経験積んで違う強さを身に着けてる今のドネアは昔より弱いとも言い切れないように思うけどね

  14. 14
    匿名

    「我々フィリピン人は井上を愛しているよ!」
    日本人の大半はドネアを尊敬しているよ! 立派な紳士だ! フィリピンは夢と希望がある。
    今は貧富の格差が激しいが、ドネアが夢と希望を与えてくれた。
    アメリカみたいに裕福なのに腐敗しきってる国と違う。

コメントを残す