(アメリカの反応)「嘘をついた女はまだ生きている」 米司法省、1955年の黒人少年殺害事件の捜査を再開

 

 

【7月13日 AFP】米国で1955年に起きた黒人少年、エメット・ティル(Emmett Till)さん殺害事件について、米司法省が捜査を再開したことが明らかになった。アフリカ系米国人のティルさんが殺害された事件は、公民権運動が勢いづくきっかけとなった。

 当時14歳だったティルさんは1955年8月、シカゴの自宅から南部ミシシッピ州の親類の家を訪ねていた時に誘拐され、3日後に川で損傷の激しい遺体となって発見された。

 ティルさんの母親は、息子の身に起きたことを世界に知らしめるため、ひつぎを開けたままにして息子の遺体を公開するよう主張したことで知られている。

 ティルさんは殺害される数日前、ある店の中で白人女性のキャロライン・ブライアント(Carolyn Bryant)さんをつかみ、性的な発言をしたとされている

 このキャロラインさんの夫のロイ(Roy Bryant)さんと、ロイさんの片親違いの兄弟のJ・W・ミラン(J.W. Milam)さんが、ティルさん殺害容疑で逮捕されたが、この2人の白人男性に陪審員は無罪評決を下した

 しかし、2人は後に雑誌のインタビューの中で、ティルさん殺害を認めたロイさんは1994年に、ミランさんは1981年に死去した。

 司法省は3月に議会に提出した報告書の中で、「新たな情報の発見に基づき」ティルさん殺害事件の捜査を再開すると述べていた。2007年に打ち切られたティルさん殺害事件の新情報の内容については言及されていない。

 現在は、キャロライン・ドナム(Carolyn Donham)さんという氏名になっているキャロラインさんは、昨年出版されたティモシー・B・タイソン(Timothy B. Tyson)氏の著書「The Blood of Emmett Till(エメット・ティルの血)」の中で、店内で起きた事件についてうそをついたと告白している

引用:AFPBB News

 

エメット・ルイス・ティル (Emmett Louis “Bobo” Till 1941年7月25日– 1955年8月28日)は、白人女性に口笛を吹いたことで殺されたアフリカ系アメリカ人の少年。愛称ボボ。

引用:wikipedia

アメリカの反応

 

・嘘をついた悪魔を逮捕しろ

 

・時間とお金の無駄。

 

・あまりにも遅すぎる

 

・悪魔は本当にいました

 

・よかった。まだ生きている人がいるなら、司直の手に委ねる必要がある。

┗嘘をついた女はまだ生きている。

┗彼女は今、83~84歳だと思います。彼女を刑務所に投げ込むべきです🤷🏼

 

・狂った犯罪だ

 

・ある日アメリカはその偉大さを失うだろう。ソビエト連邦や古代ローマのように

 

・黒人は白人女性と話すべきではありません

┗リラックスして。誰もあなたの妹を盗もうとしていない

┗私はこれまでも人種差別主義者がバカだと知ってはいたが…うわー

 

・うんざりする

 

・キャロラインを刑務所に入れろ!

 

・裁判はギリギリ間に合う


・現在も黒人差別はある。これは、私たちの目をそらさせようと意図的に作られたフェイクだ。

 

・彼らは他にすることがないのか?誰が気にする???

┗あなたは気にしないけど私たちは気にするわ

 

・新しい情報があると嬉しい!

 

・彼は一体どんな立派な子だったんだろう… 私には彼が、人懐っこく、繊細で、思いやりのある子のように見えます…

 

・当ててみよう。ヒラリーがやったの?それともタイムマシンを使ったオバマか?

 

・この男を殺したのは怪物だ

┗彼はまだ14歳の子供だった。大人に殺されたんだ

 

・“最新のニュース“

 

・散々放置して今更。

 

・これをやった連中はもう死んでる。過去のことを蒸し返すな…

 

・幽霊を追いかけているのか?

┗彼に嘘をついた女性はまだ生きています。

 

・もしこの子があなたの息子か孫だったら??彼を殺した女はまだ生きて隠れている

 

・このような野蛮な殺人は、この子に一度も起こってはいけないはずです😭😡

 

・聞いたことないぞ!

┗箱の中に住んでいるのか?

 

・トランプがやったのかも。

 

引用元:https://goo.gl/gb6gEs

3件のコメント

  1. 1
    匿名

    遺伝子の数が違うから人間じゃないんだろ
    そう言って日本人を大量殺戮したじゃん
    今更何言ってんの

  2. 2
    匿名

    暇なんだな

  3. 3
    匿名

    このニュースの裏でどんな法案が通っているのかな

コメントを残す