料理」カテゴリーアーカイブ

100皿近くの寿司を食べ放題で平らげたドイツ人男性、店を出禁に(海外の反応)

 


(前略)ドイツのバイエルン州ランツフートに住むヤロスラヴ・ボブロウスキさん(30歳)は、ソフトウェアのエンジニアとして働いている。身長172cm、体重79kgと中肉中背だが、元ボディービルダーで現在はトライアスリートというスポーツマンでもあり、鍛えられたボディの持ち主だ。

普段から体脂肪率を10%以下に保つよう努力しているヤロスラヴさんは、「20時間食事をしない」「食べる時には満腹になるまで食べる」という特殊な食生活を実践している。
(中略)
ヤロスラヴさんは、今月のある週末にガールフレンドと一緒にランツフートにある寿司レストラン「Running Sushi」に出向いた。

食べ放題の料金は15.9ユーロ(約2,100円)。ヤロスラヴさんは1時間半かけて100皿近くの寿司を平らげた。これまで何度かこのレストランを訪れていただけに店側はヤロスラヴさんの旺盛な食欲を知っていたものの、その日は特に激しかったようだ。大量に食べたヤロスラヴさんを見た店主は「これではビジネスにならない」と思った。

勘定時にチップを払おうとしたヤロスラヴさんに、ウエイターは「食べ放題の料金だけでいい」とチップを遠慮した。しかしその後、店主とシェフから「あなたは食べすぎるからもう来ないでほしい」と言われ、ヤロスラヴさんは驚いた。

店の態度に失望したことから、ヤロスラヴさんはグーグルのレビューに苦情を書き込んだ。すると店主から謝罪の言葉があったものの、「あなたはいつも4~5人分食べるから。申し訳ないが入店禁止にさせてほしい」と返信があったという。

店主は地元メディアの取材にも、「客を入店禁止にするのは嫌なことですが、彼の場合は致し方ありません。他の客のための寿司がなくなってしまうからです」と話している。(以下略)

引用:Techinsight

続きを読む

中国の飲食店で料理にネズミ→店側が妊婦の客に「心配なら中絶すれば」(海外の反応)

 


(前略)今月6日、山東省イ坊市にある呷哺呷哺で食事をしていた夫婦の鍋から、死んだネズミが見つかった。死骸は箸でつかめるほどの大きさだったが、夫婦は鍋に具を入れてすでに食事を始めており、店のスタッフに不満をぶちまけた。

夫のMa氏は妻が妊娠していることを店のスタッフに伝えると、店側は夫婦に5,000元(約81,000円)を支払うことを申し出た。これに対しMa氏は、「病院を訪ねて赤ちゃんに問題がないことを確認し、全ての支払いが済んでから金額の交渉を行いたい」と訴え、この申し出を断った。

さらにMa氏は、店のマネージャーからそんなにお腹の赤ちゃんが気になるなら、20,000元(約32万円)を渡すから中絶すればいいとも言われ、なんとも後味の悪い思いで店をあとにした。
(中略)
奎文区・市場監督局は事件直後に店の立ち入り調査を行ったが、新たにネズミが発見されることはなかったようだ。しかし、店は水回りや野菜などの衛生管理に不備があるとしてしばらくの間、営業停止を命じられている。またこれを受けて11日には呷哺呷哺の株価が一時12%も下降、時価総額は1億9千万ドル(約213億円)も減少した。(以下略)

引用:Techinsight

続きを読む

ウィリアム王子が「ジャパンハウス」で日本と中国を混同(海外の反応)

 


ロンドン(CNN) 英ロンドンのバッキンガム宮殿に近いケンジントン地区に、日本文化を紹介する「ジャパンハウス」が開設され、13日にオープニング式典が行われた。式典に招かれたウィリアム王子が、日本料理と中国料理を混同する一幕もあった。

現地のメディアが放送した映像の中で、ウィリアム王子は生徒たちと一緒に箸の使い方を学びながら、「中国料理はよく食べる?」と話しかけ、一瞬の沈黙が流れると、「失礼、日本料理だった。日本料理はよく食べる?」と言い直した。この場には麻生太郎副首相も同席していた。

英国を代表する人物の失言では、7月にもジェレミー・ハント外相が就任後初めて訪問した中国で、自身の中国出身の妻について「妻は日本人です」と言い間違えていた。

公の場で滅多に失敗することのないウィリアム王子は、この発言を除けは無事にイベントをこなした。PA通信によると、王子は日本酒で乾杯し、有名シェフ清水明氏が振る舞うサーモンの刺身に「美味しくて素晴らしい」と舌鼓を打った。(以下略)

引用:CNN

続きを読む