おバカなニュース」カテゴリーアーカイブ

台湾のCA、体重200キロの男性客にトイレで自分の尻を拭くよう強要される(海外の反応)

※被害にあった客室乗務員(CA)の女性。


※迷惑行為を行った男。


昨今、航空会社の顧客へのサービスの質が問われる中、反対に航空会社に対して横暴な態度を取る乗客がいるのも事実だ。このほど車いすに乗った太った男が、トイレ補助の際に客室乗務員(CA)に対して取った行動が問題視されている。『New York Post』『FOCUS TAIWAN』などが伝えた。

今月19日に米ロサンゼルスから台北に向かう台湾の航空会社「エバー航空」の旅客機内で乗客からセクシャルハラスメントを受けたとして21日、同社の女性客室乗務員が客室乗務員(CA)の労働組合「桃園市空服員職業工会」の代表者を伴って乗客の男に対して訴えを起こしたことが明らかになった。

セクシャルハラスメントをしたという男は当時、車いすで搭乗した。そして離陸から2時間後にトイレに行くためCAに補助を依頼してきたのだ。写真では、男は初老で明らかに太っており、一人で立ち上がることもままならないように見える。

男は今回訴えを起こしたCAと他2名の女性CAに対して、下着の脱着を依頼した。CAは「客室乗務員として乗客の下着を脱がすことは私の責任の範囲を超えていると感じました」と話している。

しかしながら当時、男性客室乗務員は乗っておらず3人の女性CAで対応するしかなかった。CAらは男の下着を脱がす際に裸の下半身が見えないように毛布で隠していた。しかし毛布を押さえていた手を男に叩かれて、その瞬間に見たくない物が見えてしまったとのことだ。

会見を行ったCAは、当時のことをこのように話している。

「私は男性にトイレ補助はできないことを伝えましたが、彼は『今すぐ手伝わないと床に用を足すぞ』と怒鳴って補助を強要してきたのです。」

「下着を脱がす際に他のCAが良かれと思って毛布を持ってきてくれたので、私はそれで彼の下半身を隠しました。ところが男性は『下着だけ脱がせばいいんだ!』と怒って毛布を持っていた私の手を叩いたのです。」

また、男は用を足す間、化粧室のドアを閉めることを頑なに拒んでいたとのことだ。CAらは何とかドアを閉めさせたが、体重が440ポンド(約199.5キロ)はあるとみられる男は、用を足した後に自分では拭けないためCAに尻を拭くように言ってきた。

一度は断ったものの男は「尻を拭いてくれるまでトイレからは出ない」と言い始めたために、チーフCAがラテックス製の手袋を3枚重ねて着け、彼の尻を拭くことにした。そして拭き始めた時、男はセクシャルハラスメントとも取れる行動に及んだ。

男は「ああ、うーん、もっともっと奥まで拭いて」と言ったかと思うと今度は拭き方に対して文句を言い、再度拭くように要求してきたというのだ。しかたなくチーフCAは要求に答えて拭き終わると、男は「さて、パンツをはかせてくれ」と言い放ち、ようやく男の用足しは終わった。

実はこの男、『Focus Taiwan』によると昨年5月にも機内で下着を着けたまま排便をして問題を起こしている。それを同社はブラックリストに載せず、男が搭乗してくるたびに現場のCAに任せっきりにしていたとのことだ。

桃園市空服員職業工会は、障害などのある乗客に対して介助者が付き添うなどの標準業務手順書の作成をするように航空会社に要請した。これに対してエバー航空は、今月21日に「客室乗務員は乗客からの不適切だと思われる要求に関して拒否することが許されています。また必要であれば、無礼な乗客を訴えるために会社が支援する準備もできています」と声明を出している。

引用:Techinsight

続きを読む

69歳のオランダ人男性、20歳の若返りを求めて裁判を起こすも却下される(海外の反応)

 


【12月4日 AFP】70歳の誕生日を控えたオランダ人男性が、仕事や恋愛の可能性を広げるため法律上20歳若返ることを求めていた裁判で、同国南東部アーネム(Arnhem)の地方裁判所は3日、男性の訴えを退けた。

「セルフ・アウェアネス(自己認識)」のトレーニングを専門とするライフコーチのエミール・ラーテルバント(Emile Ratelband)さんは、自身の出生日を1949年3月11日から1969年3月11日に変更することを求めるという、前例のない訴訟を起こしていた。

 判事は「ラーテルバント氏が実年齢より20歳若いと感じたり、そのように振る舞ったりするのは自由だ」「しかし出生年の記録を変更することは、20年の間で発生した出生、死亡、結婚、(訳注 同性および異性カップルの)登録パートナーシップに関する記録が消えることを意味する」と指摘し、記録を抹消すればさまざまな望ましくない法的、社会的影響が出る可能性があると論じた。

 さらに、ラーテルバント氏が主張した自由選択権について、「全ての要望を法的にかなえるために自由選択権を行使することはできない」と述べた。

 ラーテルバント氏は高齢であることを理由に差別されていると感じており、恋人探しのアプリを必要としないものの、恋人になる見込みのある相手に年齢を明かすという習慣で自分の行動が制限されていると主張。同氏は最近、AFPの取材に対し「私には活力がみなぎっている。欲しい女性はみな手に入れられるのに、69歳だと言った途端に駄目になる」と明かしていた。(c)AFP

引用:AFPBB News

続きを読む

中国のハーフマラソン大会で258人が大量不正、出場停止処分に(海外の反応)

 


香港(CNN)
 中国で先ごろ開催されたハーフマラソン大会で、参加した258人の選手が不正行為をはたらいたとして失格処分を受けていたことが30日までに分かった。コースをショートカットしたり、レース途中から同じゼッケンをつけた別人に代走させたりしていたという。

国営新華社通信が報じた。

大量の不正行為が発覚したのは25日に深センで行われた大会。推計で約1万6000人が参加した。中国では今年だけで1000を超えるマラソン大会が開催されている。

深センのマラソンでの不正発覚を受け、運営関係者は「レース中に違反行為が相次いだのは大変遺憾だ。マラソンはただの運動ではなく、人生にもたとえられる。すべてのランナーは自分自身に対する責任を有する」と述べた。

レース中の様子をとらえた路上のカメラの映像には、一部の選手がコース外の芝地を臆面もなく横切って、走行距離を最大3キロ短縮する姿が映っている。新華社によると、同じ番号のゼッケンをつけた2人のランナーが写った画像も複数存在するという。

同じゼッケンを用意するなどして別人を走らせた選手らに対しては、同大会からの永久追放処分が下った。その他の237人には、2年間の出場停止処分が言い渡された。

通常、世界各国のマラソン大会でみられる不正行為は、1人か2人の選手が個人レベルでショートカットやタイムのごまかしなどを行う程度にとどまる。人民日報はソーシャルメディアへの投稿で、選手らに対し「どうかマラソンという競技に敬意を払ってほしい。スポーツの精神を尊重してほしい」と呼びかけた。

引用:CNN

続きを読む

「中国一の美人犯罪者」19歳少女の指名手配写真が話題に(海外の反応)

 


(前略)中国のソーシャルメディア『Weibo(ウェイボー)』で「中国一の美人指名手配犯」と話題になったのは、四川省綿陽市の警察が11月20日に公開したクィンチェン・ジンジン(Qingchen Jingjing)、19歳の指名手配写真だ。

ジンジンは、バーやカフェなどで客の金を騙し取る犯罪グループのメンバーとされており、今年4月からおよそ半年間、酔っ払い客をターゲットに犯行を重ねてきたようだ。今回、被害者の1人が数千元もの被害にあったことから届け出たため、警察が捜査を開始した。ジンジンの指名手配写真が公開された時、7人のグループメンバーのうち既に2人は逮捕されていた。しかし逮捕状が出てから12日後、11月28日の朝9時半にジンジンは警察に自首してきたという。残るメンバーのうち2人は、未だ逃走中で警察が行方を追っている。

ジンジンが勤務していたとされる上場企業の元同僚が地元メディアに語ったところでは、ジンジンは社交的で、自分の容姿に自信を持っていたそうだ。しかし、ボーイフレンドを通して犯罪グループに足を突っ込むようになり、仕事を辞めてボーフレンドと海外旅行をすると同僚が聞かされた時には、先輩らから「愚かだ」といった声もあがっていたという。また、ジンジンの高校時代のクラスメートの話では、ジンジンはその容姿から“教室の華”と呼ばれており、男子生徒にとても人気があったとのことだ。

キリッとした目元に整った眉、通った鼻筋に意思の強さをうかがわせるかのような固く結んだ唇、そして白い肌にネット上では「これだけの美人なら、バーで詐欺行為をするより、動画配信でもしたほうが楽に金を稼げるだろうに」「ひょっとしたら自分の写真が有名になることを望んでいる1人かもしれないね」などといったジンジンへの容姿についてのコメントが相次いだ。一方で警察は、Weiboアカウントでこの指名手配写真を公開した際に「美しくあることは何の問題もありませんが、その容姿を利用して犯罪に加担することは許されることではありません」と投稿していた。

引用:Techinsight

続きを読む