投稿者「wpmaster」のアーカイブ

安価な鼻の整形手術をメキシコで受けた米女性、命の危険に(海外の反応)

 


(前略)米テキサス州エルパソに住むローラ・モニカ・アヴィラさん(Laura Monica Avila、36)は、先月30日にメキシコのチワワ州シウダー・フアレスにあるライノ・センターへ鼻の整形手術を受けるために婚約者エンリケ・クルスさん(Enrique Cruz)を伴って訪れた。 

メキシコでの整形手術費用は、アメリカと比べて3分の1にも満たないほど格安だという。ローラさんの手術費は138ドル(約15,000円)だったが、それが仇となってしまったようだ。ローラさんは手術で脊髄に注入された麻酔が脳に入ってしまったことで酷い腫れを起こし、約4分間の心停止まで起こしてしまった。

当時、ローラさんに付添っていたエンリケさんはこのように話している。

「麻酔の投与で間違いを起こしたようです。彼女は8時間も手術室にいたんですよ。その間、医師らに『血圧が低下して手術をすることができない。麻酔から覚めるのを待っているところだ』とだけ説明され、彼女に何が起きたのか私に見せることもしなかったんです。」

エンリケさんがローラさんの危険な状態を知ったのは、クリニックが緊急で呼び寄せたフアレス病院(Juarez hospital)の医師が到着した時だった。その後ローラさんはフアレス病院へと搬送され、脳への更なる損傷を防ぐため医療行為によって昏睡状態に置かれた。

ローラさんの家族はテキサス州の病院へ移送しようと試みたが、事はスムーズに運ばなかった。移送するにあたってメキシコ当局が、医療費を全額支払っていないという理由ですぐに必要書類にサインをしなかったのだ。

手術から6日後、家族や弁護士の協力の甲斐あって、ローラさんはメキシコの医療記録のカルテが無いままだったが、テキサス州エルパソの病院に移送の手続きをすることができた。しかしその間もローラさんの発作は続き、メキシコでの入院費は約280万円あまりにまで膨らんでいた。

その後、無事にテキサス州の病院に入院したローラさんだったが、医師が家族に告げた言葉はあまりにも悲しいものだった。

「ローラさんに対してできることはありません。重度の脳障害で苦しい思いをした彼女は、もう以前のような姿ではいられないでしょう。選択肢は二つです。呼吸と栄養を確保しながら植物状態のまま生かしておくか、生命維持装置を切る決断を下すかになります。」

家族は諦めることができなかった。どちらかを選択する前にダラスの病院へローラさんを連れて行き、他の治療方法を医師から仰ぎたいと考えていた。しかしカルテが無いこととローラさんが保険に入っていないことでダラスのいくつかの病院から受け入れを拒否されてしまった。

婚約者のエンリケさんは「私達は奇跡が起きることを祈っています。どうしても他の治療方法が欲しいのです」と語り、家族も弁護士に協力してもらいローラさんのカルテの手配をしてダラスの病院へ連れて行こうとした。またローラさんの姉妹であるアンジーさんはクラウドファンディングサイト「GoFundMe」で治療費の寄付を呼びかけた。

しかし手術から2週間以上が過ぎた16日深夜、家族は医師の勧めもあり、ローラさんを苦渋の決断でホスピスに移したことを「GoFundMe」で報告している。そこには「ローラは今、穏やかに眠っています。そして彼女の運命は神の手に委ねられています。面会は肉親とごく親しい友人のみとさせて頂いていますが、皆さんのご理解に感謝しています。ローラのために愛の手を差し伸べてくれたこと、祈りを捧げてくれていること、本当にありがとうございます」と綴られている。

引用:Techinsight

続きを読む

Dead by Daylight公式「君の好きな生存者、もしくは殺人鬼は?」(海外の反応)

 


芸能人の本田翼さんもイチオシの大人気ゲーム「Dead by Daylight」
その作品の運営チームが、Facebookの公式ページにて
「君の好きな生存者、もしくは殺人鬼は?理由もお願いします」と意見を募っていたので
海外の声を翻訳し、まとめてみました。

 

続きを読む

日産のカルロス・ゴーン会長、金融商品取引法違反で逮捕(海外の反応)

 


日産自動車(本社・横浜市)会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の役員報酬を有価証券報告書に少なく記載したとして、東京地検特捜部は19日、ゴーン容疑者と同社代表取締役のグレゴリー・ケリー容疑者(62)を金融商品取引法違反有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕し、日産本社を同法違反容疑で捜索した。5年間で計約50億円を過少に記載した疑いがあり、特捜部は今後、経緯などを詳しく調べる方針。

 日産は同日、虚偽記載のほか、ゴーン容疑者が会社の資金を私的に支出するなど、「複数の重大な不正行為が認められた」と公表。不正にはケリー容疑者が深く関与していたとし、同社は「両容疑者の職を速やかに解くよう取締役会に提案する」とコメントした。

 特捜部の発表によると、ゴーンとケリー両容疑者は、2011年3月期~15年3月期のゴーン容疑者の役員報酬が計約99億9800万円だったにもかかわらず、計約49億8700万円と有価証券報告書に虚偽の記載をした疑い。

引用:Yahoo!ニュース

続きを読む

米レストランで深夜に裸でマルちゃんラーメンを食べ、去った男(アメリカの反応)

 


(前略)アメリカ・フロリダ州セントピーターズバーグにあるハンバーガーレストラン「チャッタウェイ(Chattaway)」で今月6日の午前3時半頃、パーカーのフードを深く被った男が店内に侵入し、チキンウィングやビールなどを飲み食いした後、現金などを盗んで去っていった。

この男の行動は一部始終、店内に設置している監視カメラに捉えられていた。レストラン側はすぐに警察に通報し、この映像をもとに調査を依頼した。サンクトペテルブルグ警察は、事件が起きた前日までさかのぼって入念に映像を確認した。

すると、この事件があった前日5日深夜の映像に別の男がレストランに侵入する様子が発見された。この男の行動があまりにも奇妙だったのだ。男は初老でツバの大きな帽子をかぶり、自転車でやって来た。

男はレストランの駐車場を10分ほど自転車でうろついた後、裏ゲートから倉庫に入り、倉庫内の品物をひとつずつ並べて眺めていたようだ。その後トイレに入って服を脱ぎ、裸で店内を歩き出した。男はテーブルに座り、持参した「マルちゃん」のインスタントヌードルを調理して食べ始めたのだ。

さらには気分が盛り上がってきたのか、男は店内にあった打楽器のボンゴを叩きはじめ、リズムを取り出した。そして4時間ほど滞在した後に去っていったが、男は持参したインスタントヌードルを2つ、倉庫の棚に置いていったのである。

「チャッタウェイ」のマネージャーであるアマンダ・キットさん(Amanda Kitto)は、男の行動についてこのように話している。

「彼はスプレー缶を取り出し、ピクルスの瓶やボンゴといくつかの椅子にペイントを始めました。しかし彼は、全ての物をきちんと元に戻して去っていったのです。警察が映像から発見するまで、私達はこの裸の男に気付きませんでした。」

また、ウエイターであるチャド・ピアーソンさん(Chad Pearson)は次のように明かした。

「この男は店内に侵入した時、服を着ていたんですよ。だけど出て行った時はパンツもはかずに自転車に乗って去っていったんです。彼の服がどこにあるか、私達は店内で見つけることができませんでした。いったいどこにあるのやら…。」

後に警察は、この裸の男がホームレスであることを特定した。だがアマンダさんは「特に店が被害にあった訳ではない」との理由で、彼の名前を公表することや告訴することも辞退した。

しかし、もうひとりの侵入者による事件はまだ解決していない。この男においては現金、ラップトップ、タブレット、食品、ビールなど500ドル(約56,000円)相当が盗まれているうえに、金庫を開けようとした形跡が見られたことから、今も捜査が続いている。

アマンダさんはこの2人の侵入者について、関係性が無いと確信しているという。

引用:Techinsight

続きを読む

豪刃物襲撃、犯人に応戦して英雄となったホームレス男性に窃盗容疑(海外の反応)

 


【11月18日 AFP】オーストラリア南東部メルボルン(Melbourne)で3人が死傷した刃物による襲撃事件で、刃物を振り回す男にショッピングカート(トロリー)で応戦し、世界的に注目され英雄視されていたホームレス男性が、以前に複数の軽犯罪法違反を犯していた疑いで逮捕された。男性は後に保釈が認められた。

 このホームレス男性マイケル・ロジャーズ(Michael Rogers)さん(46)は9日にメルボルン中心部で発生した襲撃事件で、刃物で無差別に周囲の人々を襲うソマリア出身のハッサン・カリフ・シャイア・アリ(Hassan Khalif Shire Ali)容疑者にショッピングカートをぶつけて襲撃を防ごうとする姿を捉えた動画がソーシャルメディアで拡散したことから、一躍有名人となった。シャイア・アリ容疑者は警察に銃撃され死亡している。

 ロジャーズさんは「トロリーマン」の異名で呼ばれるようになり、クラウドファンディングサイト「ゴー・ファンド・ミー(GoFundMe)」にはロジャーズさんを支援する募金を呼び掛けるページが開設され、14万5000豪ドル(約1200万円)が集まった。

 しかし数日後、警察は複数の軽犯罪法違反容疑でロジャーズさんを指名手配したと発表。自身が指名手配されたことをメディア報道で知ったロジャーズさんは16日夜、自ら警察に出頭し逮捕された。

 豪ABCによると、ロジャーズさんは17日にメルボルンの裁判所で開かれた保釈査問会に出廷。ロジャーズさんはメルボルン市内のカフェに侵入して500豪ドル(約4万1400円)を盗んだり、地元の集合住宅で自転車1台を盗んだりした窃盗や不法目的侵入など5件の罪で起訴されていたが、保釈が認められた。

 保釈査問会では、ロジャーズさんが長年にわたってホームレス生活や違法薬物に関わる問題を抱えていたことや、8月に5か月の禁錮刑を終えて出所したばかりだったことが明らかになった。

 ロジャーズさんの公選弁護人で20年前からロジャーズさんを知るメリンダ・ウォーカー(Melinda Walker)氏はABCに、ロジャーズさんが警察に出頭したのは今回が初めてだと語った。「彼は社会から自分に差し伸べられた支援を受け入れることで、謙虚になったのです

 ゴー・ファンド・ミーのロジャーズさんの募金を呼び掛けるページによると、寄せられた14万5000豪ドルは、ロジャーズさんがこれからの人生を歩んでいく際に経済面などで確実に支援していけるよう信託基金として管理するという。(c)AFP

引用:AFPBB News

続きを読む