マッチョすぎるカンガルー「ロジャー」、この世を去る(海外の反応)

 


アリス・スプリングスのカンガルー・サンクチュアリーのボス・カンガルーとして君臨していた「ロジャー・ラビット」が12年の生涯を閉じた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 2007年、サンクチュアリーの所有者、クリス・バーンズさんは、いつものように国道を走りながらはねられて倒れている動物を探していた。アリス・スプリングスの北25kmのところで倒れているメス・カンガルーを見つけ、袋から生後5か月のようやく毛の生え始めた赤ん坊を取り出し、連れて帰って育てた。

 手のひらに乗るような小さなカンガルーが身の丈2mの巨大なボス・カンガルーに成長し、サンクチュアリーのカンガルーの群れを支配した。

 ロジャーは大きいだけでなく筋肉も発達し、両手で大きなブリキのゴミ缶をひねり潰す場面がインターネットに載せられると世界中で100万人を超えるファンができた。

 バーンズさんによると、「ロジャーも最近は眼も衰え、関節炎もあって、ボスの座を息子のモンティに譲った。だから、ロジャーもモンティが現れるとおとなしくモンティに従ったものだった。最近はウィチェティの林の日陰で休んでいることが多くなった。死んだ時もやはり木陰で横たわっていた」としている。

 ロジャーも2歳くらいになると普通のオスカンガルーのように攻撃的になり、バーンズさんを相手にキックボクシングをしたがるようになったという。

 また、バーンズさんは、ロジャーを飼い始めたことがサンクチュアリーをつくる動機になったという。そのサンクチュアリーで母親を失った子供や事故で負傷したカンガルーを育て、できれば野生に帰すことを目的としていた。しかし、ロジャーは足の負傷のため、野生に戻すことはできなかった。

 BBCのドキュメンタリー「カンガルー・ダンディー」でロジャーが紹介されると瞬く間に世界的な人気者になったという。

 2016年頃からロジャーの健康が衰え始め、老衰死を迎えることになった。

 バーンズさんは、ロジャーをサンクチュアリーに埋葬した。

引用:日豪プレス

 

海外の反応

 

1.海外の名無しさん

嘘だろ…これはショックすぎる…😢

 

2.海外の名無しさん

悲しい。ロジャーはドイツの学校の英語の教科書にも出てくるくらい、有名なカンガルーだった。2

 

3.海外の名無しさん

ロジャーの生い立ち、初めて知りました。本当にカッコいいカンガルーでしたね。
お悔やみ申し上げます。17

 

4.海外の名無しさん

ロジャーを初めて見た時、彼のように筋骨隆々の体になりたいと思ったものだよ。4

 

5.海外の名無しさん

彼は鉄拳のキャラクターにちなんで名付けられたの?3

┗同名だけど、残念ながら違うみたい。4

※人気格闘ゲーム「鉄拳」の登場キャラクター「ロジャー」。

 

6.海外の名無しさん

103331

 

7.海外の名無しさん

12歳?若すぎる!カンガルーはもっと長生きすると思ってた。2

┗多分、ステロイドのせい。

※ロジャーは、有袋類の中で最大の種の「アカカンガルー」です。
アカカンガルーの寿命は10~20年と言われています。(参考サイト:動物の寿命図鑑

 

8.海外の名無しさん

死因は過度なステロイドの投与。賭けてもいい😃

 

9.海外の名無しさん

きっとカンガルーによる世界征服を防ぐために、政府機関によって殺されたのさ。

 

10.海外の名無しさん

個人的に、今年のニュースでは一番辛いニュースかも…。

 

11.海外の名無しさん

カンガルー界のシュワルツェネッガー。

 

12.海外の名無しさん

彼を見てボディビルを始めたんだ。嘘じゃないよ!
きっかけを作ってくれてありがとう、ロジャー。君が居なくなるなんて寂しくなるよ。5

 

13.海外の名無しさん

きっと今頃、天国を自由に走り回っているんだろうな🌈

 

14.海外の名無しさん

おやすみ、ロジャー。またね。

 

15.海外の名無しさん

親愛なるロジャー、どうか安らかに。あなたは世界最高のカンガルーでした!17

 

 

引用元:https://goo.gl/sVVaHL

3件のコメント

  1. 1
    匿名

    ステロイドの副作用かな?w

  2. 2
    匿名

    生き物である以上いつかは死ぬ
    当たり前のことだけど、やっぱり寂しいね

  3. 3
    匿名

    中国ではステロイドでマッチョになった牛がいたよな

コメントを残す