飼い犬の足が散弾銃の引き金に接触、飼い主の74歳男性撃たれる(海外の反応)

 


(前略)米ニューメキシコ州在住のテックス・ハロルド・ジリガンさん(74歳)は、同州ラスクルーセス西部にある砂漠へ野ウサギを狩りに行くために、チャーリー、スクーター、カウボーイという3頭の飼い犬を連れて軽トラックに乗り込んだ。

軽トラック内に置かれていた散弾銃は、銃口がテックスさんのいる運転席に向けられていたようだ。そしてこれが思わぬアクシデントを招くことになってしまった。

前の座席にいた体重54kgほどになるロットワイラーのミックス犬チャーリーが、体を滑らせた。その瞬間、チャーリーの足が銃の引き金に引っかかり、銃弾が放たれてしまったのだ。突然体に銃弾を受けたテックスさんは、すぐに車を止めてあたりを見回した。はじめは飼い犬が自分を撃ったなどと思えるはずもなく、どこからか狙撃手に撃たれたと勘違いし「一体誰が…」と恐怖に慄いた。だが周りには誰の姿もなく、ようやく飼い犬に撃たれたと気付いたテックスさんは、携帯電話で911に緊急通報した。

テックスさんは普段、猟に出かける時は携帯電話を持って行かないという。しかしこの日は少し前に豪雨だったこともあり、万が一雨が降って戻れなくなった場合には子供たちへ連絡するつもりで携帯電話を持参したそうだ。

通報を受けて駆けつけたドニャアナ郡保安官事務所の保安官やニューメキシコ州警察、アメリカ合衆国税関および国境警備局の職員らは、軽トラックのそばで胸を撃たれて横たわっているテックスさんを発見し、テキサス州エル・パソ大学医療センターへ搬送した。この時、テックスさんは飼い犬を庇おうとしたのか「自分で誤って銃を撃ってしまった」と話していたようだ。

医師の診察によると、テックスさんは肋骨3本を骨折、肺には穴が開き肩甲骨が損傷していたが、医師はこれ以上肺を傷つけないためにも銃弾を体内にそのまま残しておくほうが最善であると決断した。その後、少し元気を取り戻したテックスさんはこのように語っている。

「胸に穴が開いて、大量に出血していたんだ。犬が人間を撃つなんてことが、まさか起こると思ってもいなかったよ。もちろんチャーリーは撃つつもりなんてなかったから、許すよ。とてもいい犬だからね。」

なお、今回の件は事故として処理されている。

引用:Techinsight

 


※(左から)飼い主のジリガンさん、誤って銃を撃つことになった飼い犬のチャーリー。

 

海外の反応

 

1.海外の名無しさん

銃が人を殺すのではない、犬が人を殺すのだ。2733

※全米ライフル協会のスローガン「Guns don’t kill people, people kill people.(銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのだ)」を引用したジョーク。

 

2.海外の名無しさん

5

 

3.海外の名無しさん

犯人は所持認可を受けた銃を持つ、精神疾患の白犬でした。
犬小屋にはたくさんの銃や弾薬がありました。64

 

4.海外の名無しさん

備忘録として書き留めておく。僕がうっかり自分を撃ってしまったら、犬のせいにするね😉 2614

 

5.海外の名無しさん

飼い犬が飼い主を撃っただって?こんな見出し、人生で一度も見たことがない。笑 186

 

6.海外の名無しさん

犬をウソ発見器にかけろ!45

┗殺人未遂で犬を起訴する必要がある!笑 84

 

7.海外の名無しさん

なぜ銃を車に積んだ状態で運転していたんだ?管理が杜撰すぎないか?

┗記事を読んでください。ウサギを狩りに行くところだったらしいです。

 

8.海外の名無しさん

犬はビックリしただろうね!男性が無事で本当に良かったね。9

 

9.海外の名無しさん

笑ってはいけないんだろうけど笑っちゃう🤣 11

 

10.海外の名無しさん

この犬を銃のインストラクターとして雇いたい。なんて完璧な照準なんだ!


11.海外の名無しさん

この老人はハンターらしい。カルマが回って返ってきたんだな。

 

12.海外の名無しさん

これは事故ではありません。怠慢が招いた結果です。

 

13.海外の名無しさん

本気でタマネギの記事を見ているかと思ったよ。208

ジ・オニオン(英語: The Onion)は、米国の風刺報道機関。米国内外および各地域の風刺的なニュースを発信し、また娯楽紙およびウェブサイトの「The A.V. Club(英語版)」も提供している。
『ジ・オニオン』の記事は、伝統的な新聞のパロディの形を取っており、社説、街頭インタビュー(英語版)、株式市況を掲載し、伝統的な新聞のレイアウトにAP通信風の論説欄を持つ。

引用:wikipedia

 

14.海外の名無しさん

リベラルは全ての犬に包括的な調査を求めるだろう。

 

15.海外の名無しさん

動物たちの団結はいつ見ても素晴らしいものです。21

 

16.海外の名無しさん

明らかにその犬は保険金を欲しがっていた。悪い犬だ。32

 

17.海外の名無しさん

猫じゃなくて良かったね。もし猫だったら死んでたよ。4163

┗猫は隙を見逃さない。1412

 

18.海外の名無しさん

無責任な銃の所有者だ。彼に所有権を与えるべきではない。

 

19.海外の名無しさん

23

 

20.海外の名無しさん

事実は小説よりも奇なり…。2

 

 

引用元:https://goo.gl/7Ltv28

14件のコメント

  1. 1
    匿名

    銃持ち運ぶときは袋か何かに入れないのかな。こういうことだけじゃなく何かあったときに引っかける可能性もあるわけだから。

    • 1.1
      匿名

      そもそも撃つとき以外に発射できる状態にしていたというのがありえない
      銃を所持するのをやめろと言われても仕方ないレベル
      外国人が言ってる通り怠慢が招いた結果で、それで自分が自爆しただけだからよかったものの無関係の人が死ぬ可能性もあったという大変な迷惑行為

  2. 2
    匿名

    軽トラック?
    ライトトラックの訳?

  3. 3
    匿名

    ウサギも銃を持っていれば、犬が銃を撃つ必要も無かった。

  4. 4
    匿名

    装填した状態でセーフティーも掛けてないなら
    そりゃいつかそうなるわ。

  5. 5
    匿名

    そもそも移動中に弾を抜いてないのがおかしい

  6. 6
    匿名

    自業自得、他の人に暴発しなくて良かったな

  7. 7
    匿名

    バカジジイ
    犬がオマエ殺してたら殺処分されてたとこやぞ

  8. 8
    匿名

    銃の管理がずさんで怖すぎる。

  9. 9
    匿名

    たまに赤ちゃんや幼児に撃たれる事件も起こるが、このおじいちゃんみたく管理がテキトーなんだろうね。
    じいちゃんも死なずワンコも無事で不幸中の幸いよ。
    てか真っ先に狙撃手かと心配するところがアメリカン。

  10. 10
    匿名

    狩られた野うさぎ達の呪いだよ

  11. 11
    匿名

    安全装置とかないのか?
    飲み物入れるステンレスボトルですらロック付いてるぞw

  12. 12
    匿名

    飼い犬の足が散弾銃の引き金に接触


    全く状況が想像できない

コメントを残す