米トイザらスが売却中止!再始動へ(海外の反応)

 


2017年に米連邦破産法11条の適用を申請して破綻、2018年6月末にはアメリカ国内の全735店舗を閉鎖した米トイザらスToys“R”Us)ですが、同社は、資産を売却する予定であった破産オークションをキャンセルし、再始動の計画を打ち上げました。

この計画では現在のライセンスを維持するとともに新しい小売事業に投資できる新会社に資産を再編成するとのこと。トイザらスの財産および、間接的/直接的な利害関係者にとって、これが最良の選択肢であるとしました。

今回中止された破産オークションでは、トイザらス(Toys “R” Us)、ベビーザらス(Babies “R” Us)というブランド名やウェブサイトドメイン、レジストリリスト、マスコットのGeoffrey the Giraffeなどがオークション対象だったとされています。

「大好きなおもちゃに囲まれて 大人になんかなりたくない」と思っていた米国のトイザらスキッズは、今後の展開が気になるのではないでしょうか。なお、日本国内のトイザらスに関しては2018年3月に「米国事業の清算の影響を受けない」と発表しています。

引用:GameSpark

 

関連記事:(海外の反応)「さようなら、私の幸せな思い出たち…」 米トイザラス、米国時間6月29日までに現地ストアを全て閉店

 

海外の反応

 

・本当?

 

・やった!!!

 

・ちょうど良かった。ギフトカードが余っていたんだ。32

┗私も

 

69

 

・ちょっと前にお別れの挨拶を言ったばかりじゃないか!53

 

・おもちゃのように戻ってきた。25

 

・私の感情をおもちゃのように弄ばないで!62

 

・ちょうどクリスマス商戦の前に?きっと偶然だな 134

┗ああ、偶然だろう

 

・計画的に見える。

┗きっと私の祈りが届いたのよ。

 

・良いニュースですね

 

・彼らは本気なのか?

 

・Amazonが息の根を止めにくる… 45


・私の息子は18年間、マサチューセッツ州のレスター店で働いていた。彼はそこで働くことが大好きだったので、営業を再開したら優先して雇い直してほしい。

 

・従業員には朗報かもしれないけど、この店を恋しく思うことはもうない。必要なおもちゃは全てネットで購入することが出来る。

 

・営業再開しても、安くならないと行かないよ。6

┗価格競争する気がないならやめたほうがいいね。ウォルマートとAmazonには絶対に勝てない。

 

・冗談のような価格は以前と同じ?それなら私がここで買い物することはありません。どんなおもちゃがあるのか確認する為に、入店することはあるかもしれませんが。42

 

・この店は価格が酷く、最悪の顧客サービスが存在し、入店した瞬間に犯罪者のように扱われます。51

 

・これほどボッタクリな店は他にない。3

┗なぜ戻ってきたのか僕にはわからないよ。他のおもちゃ店と比べて高いのに。

┗最低でも他店と同値にしないと勝算はないよね…。1

 

・もっと多くの顧客を得るために必要なことは、おもちゃをもっと安くすることです。もし戻ってくるなら値段を下げる必要があります。SmythsとAmazonの方が安かったです。2

※Smythsはアイルランド発祥の玩具量販店。

 

・さすがに閉店した店舗の営業再開はしないでしょう。どんな形で戻ってくるのか楽しみではありますね。

 

・素晴らしいニュース。トイザらス好きの私としては、あんな終わり方は望んでいなかった。5

 

・子供時代が戻ってきたようで嬉しい。僕は今、穏やかに眠ることが出来る。

 

 

引用元:https://goo.gl/meJyqv

1件のコメント

  1. 1
    匿名

    どっかの店舗の残ってたオモチャ全部買い取った奇特な人がいたよな

コメントを残す